« THERMAL 見えない力 | メイン | Shell Pura 水増ガソリン »

2004-12-18

コメント

連写できれば、飛行機の速度が簡単に測定できると思います。
連写した飛行機の全長を計測しておけば、移動距離が解るので、速度が計算できると思います。
今度、速度測定やってみましょう。

ついに栗田さんも新機種に移行ですね。

当方はコニカミノルタ DiMAGE A1 に、熟考の末移行と思ったら、A200 なる新機種登場、A2 と同等のスペックにして小型軽量化が計られるということになり、今なら A200 だな、なんて思っています。
OLYMPUS は C2000、C2020 で200万画素時代を過ごし、とても気に入ってこれで十分なんて考えてきたのですが、先日、C2020 も C2000 と同じくセレクターのクリック機能が壊れてしまいました。そんなつまらない機械的な部分が壊れてしまうなんて、OLYMPUS がちょっと信用できなくなりました。

栗田さんの OLYMPUS C2500L の後継機、OLYMPUS E-300、面白そうですね。レポート期待してます。

AKiさん、iGaさんともどもデジタル一眼レフカメラではなく、一体型にこだわる理由は、私なりに理解してるつもりです。
私もその考え方で候補機種をチェックしたのですが、機械式の部分が減り、光学ファインダではないカメラが多くなり、あきらめました。
E-300のファインダと視度調節が自分の目に良く合い、ストレスなく使えます。

機械式でもおっしゃるように基本的なメカが壊れたりすると不信を持つようになりますね。
当たりはずれもあるし、もう少し落ち着いてから買うはずだったのですが、カメラに慣れておく時間も必要なので、この時期に決めました。
どんな写真が撮れますか、楽しみです。

この記事へのコメントは終了しました。