« 逝きし世の面影/ PB版 | メイン | 文系でも理系でもなく… »

2005-10-03

コメント

おめでとうございます。
YSFC のサイトで飛行のムービーを見ました。軽快に飛ぶものなのですね。

プラモデルが飛んでしまう感覚です。
戦車はとっくにラジコンですごいことになっていますが、飛行機もやっとデスクトップサイズのものがインドアで楽しめるようになりました。
一度、ぜひ見学にきてください。

私もYSFCのサイトでGee Bee Zが飛んでる姿を見ました。
前回伺った時に出来上がる前の物は見せていただいたのですが、やはり実際飛んでる姿には驚嘆してしまいます。
栗田さんは凄い、Gee Bee Club in Japanの一員としてなにもしていない私としては記念のTシャツをかならず作ることを約束します。
今度Gee Bee Zを飛ばす時にはかならず見学にいきます。

こんにちは。
GeeBeeは実機がオモチャみたいなところが驚きですが、その模型(それもあんなに小さな)が飛んでいるのも驚きです(インコかオウムが飛んでいるようなイメージ)。
私には「飛ぶ花」もたいへん魅力でした。小学生の頃、Uコンをやっていました(ラジコンやりたかったですけど小遣い足りず)。今でもやってみたいと思いますが、まだ子どもに手がかかり過ぎて余裕なし。
嗚呼、花、飛ばしてみたいです。

私も昔、1回だけUコンをやったことがあります。
あんなに目が回るものとは知らずにやってしまい、数回まわっただけでクラッシュしました。
今や模型飛行機は実機とは違った次元に進もうとしています。
人が乗れるかどうかは別にして、とんでもない飛行物体が素人のブリコルールたちによって作り出されているのです。
花、飛ばしてください!

昨日、高橋さんから、GeeBeeがフライトに成功したという話を聞きました。Quicktimeも見ました。いや、すごい、美しいの一言につきます。なんというか、ひとつのことを決してあきらめずに続けることの大切さを改めて学んだような気がします。

この記事へのコメントは終了しました。