« Stormy Europe | メイン | 焼き芋 »

2007-01-24

コメント

「昭和の森」、ちょっと困ったもんです。 
我が家にとっては苦しい展開。 スケートリンクは「不況のため」閉鎖され、
たまたまレッスンをしてくれていた先生が神奈川スケートリンクへ移動してしまい、
我が家のスケーターは、週一の横浜通いで本当に一日仕事となります。
運転だけで一日5〜6時間。 帰ってくるまで心配ですよ。

それはともかく、街作りって難しいですね。 感じ方は人それぞれでしょうが、
正義のロジックが受け止められないと、北欧デザインに感じられたシンプルさが、
目先しか見えてない安普請として誰の目にも露骨となるように思えます。
昭島市のスーパーマーケットの数というか量は凄いし、ダイヤモンドシティーの完成は
脅威だろうけれど、ここまで販売店が増えても中身はほとんど一緒だし、そこで快楽を
得られるほど懐にお金も余ってないし。
なにもかもが偽りの空間の中に「ねじれの位置」そのままに仮に存在しているようで、
苦い想いを消し去れないのは、年寄りだからばかりとは言えない、よね。

勝手ながら、個人的には、「もう一度スケートリンクを作れ」。
神奈川スケートリンクで実感したのですが、そこへ通ってくる生徒さん達を駐車場で
眺めていたら、彼らの身体はやっぱアスリートを感じさせました。
それは心地よい衝撃でした。 文化として定着しそうなのに〜!

箱ものをいくら豪華につくっても、そこに感情移入できる「気持ち」をつなぎとめるのは人間の心と行動が問題。この企業は、残してこれた土地や空間と人との関係を見過ごしてしまったようです。
確かにスケートリンクのリクエストは個人的かもしれませんが、育んでいくことができる場所がこの「街づくり」には欠けているように思います。

この記事へのコメントは終了しました。