« デペンデントハウス 2 | メイン | 佐渡ケ島みかん »

2009-12-04

コメント

海岸に見える白いものは何だろうか、と思ったらゴミですか。 いたる所で同様なのでしょうね。
「七右衛門」は健在でしたか、アゴの出汁は独特で好き嫌いはあるかもしれませんが、私は好きです。
飛行機好きには、このアゴ(トビウオ/flying fish)がお似合いでしょう。

お蕎麦も海岸も魅力的、近くてお手軽、渋滞知らず言うところが素晴らしいですね。
野良仕事しながら、風向きをちらりと気にして、良さそうだったら
夕方海岸でalulaなんかをサラッと飛ばす。
飛ばすことが特別なことではなく生活の一部に出来る環境に憧れます。

佐渡にRC飛行機の愛好家はいるようですが、クラブをつくったりするような社会的なソサエティーには発展していないようです。
自然の中で暮らしているという実感、としちゃんが言うように「生活の一部」として空を仰ぐ。そんな肩に力の入っていない自然体の楽しみを、日々、味わっているのかもしれません。

友人からアゴの魚醤を探せといわれているのですが、佐渡で作っている人はまだみつかりません。

この記事へのコメントは終了しました。