« ブリコルールの心眼 | メイン | 鷹匠の本 »

2011-11-19

コメント

C言語およびUNIXの開発者デニス・リッチー博士も2011年10月12日に亡くなっています。
コンピュータ界の巨人がだんだんいなくなりますね、さみしいことです。

共に働いていたプログラマーが手にしていた「C言語プログラミング」の本。後ろから覗き見たことはあっても、自分で使ったことのないジャンルでした。しかし、UNIXが研究者たちにもたらした環境はすばらしく、そこからインターネットが誕生していることを考えると感慨無量です。

Dennis MacAlistair Ritchie博士のご冥福を祈ります。

この記事へのコメントは終了しました。