国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« スピコン10-N | メイン | Go Brushless /01 »

2006/10/08

コメント

今回は、とにかく飛ばそうと思っていましたので、図面そのままに作ってしまいました。
結果、未完成のまま持ち込みましたが、いろいろお話が聞けて良かったと思います。
残念なのは、最近ご無沙汰の「行商のオジさん」に軽量メカについて聞けなかった事です。100g切れればトシちゃん飛行会にも行けるんですけどねぇ。

どんどん上達しているようですね。うらやましいです。
ここのところ連続してご無沙汰してしまい、申し訳ありません。アクロもやりたくて、BL関連や図面を準備してはあるのですが、以前にもあったスランプ状態で、この3連休もなにもせずに終わりそうです。
連休は工作室の大掃除と、最低2機は完成させたかったのですが、これから大掃除を始めるつもり・・・・。メカ済み待ち機体は4機もあるのに、なぜか完成させる意欲が・・・・・。

行商のオジさん、反応の素早さは変わらないようで安心しました。
永野さんのZと同じで、今回は大野さんに先を越されてあわてています。

スローアクロ機をスタンダードな大きさから製作、操縦訓練と経験してきたので、応用できそうなエルロン機、レーサー機、マクロアクロ機への展望が見えてきました。
行商のオジさんには長い間おまたせ状態だったのですが、小型のブラシレスモータの需要が出てきそうです。

次の資料は自分のメモとして計算してみたのでアップしておきます。

メカ重量を軽くするために現在使用している20g以下のブラシレスモータを半分以下に減量して、なおかつ100g以上の静止推力を得るには、ブラシレスモータをkbからGasparin Potensky GP15シリーズかMighty Midgetのゴールドシリーズに変更するような選択が必要かと思います。
これらのモータを使うという前提で概算しても電池を含めたメカの総重量は45〜50gくらいになるでしょうか。

バッテリーの選択も問題ですが、
Mighty Midget 13/6/11を
2セルで使うと
GWS 6030 2.24A 静止推力124g
3セルで使うと
GWS 6030 3.50A 静止推力210g+
といったカタログデータになります。

バッテリーについては、tokoさんのヘリでも検討が続いているように、最近の小型バッテリーはパワーがあるので、組合せ次第ではいけるかも。

容量130mAh
重量3.5g(実測値3.33g)
最大10C/1.3A(バースト20C/2.6A)放電

容量170mAh
重量5.1g(実測値5.05g)
最大15C/2.5A放電

容量250mAh
重量5.7g(実測値)
最大 12C/3.0A放電


サーボ      03.8g × 2
サーボ      06.0g × 1
BLモータ     08.0g × 1
バッテリー2セル  03.5g〜05.7g × 2
受信機      06.0g × 1
スピコン     05.0g × 1

こんな感じでうまくいけば100g以下で飛びそうですね、出費は大きいけど。ですよね、行商のおじさん!!

こんばんは、
出費を気にしなければ、100グラム以下は簡単ですね。スピコンも受信機も3分の1くらいの重さです。軽く作ればサーボもファルコンが使えるので、これも3分の1。
私は6-70グラムを考えているのですが、BLの選択に悩んでいます。ひょっとしてGasparinの1セルBLを2セルでも回せるのではないかと思いますが、まだテストする精神的余裕がありません。

行商のおじさんに質問です。
12WになってしまったGasparinのBroncoとGrizzlyですが、Grizzlyの2セルによるデータが公開されていません。motoさんが独自に推力テストされたデータはありませんか。どちらが使えそうか迷っているのですが判断ができません。

GP15 12W Bronco
電流 4A
1セル用 GWS5030 3,5A 静止推力90g

GP15 12W Grizzly
電流 2A
2セル用のデータが公開されていない

Stefanおじさんは、1セルにこだわっているようなことをメールで言っていました。GP15シリーズは全部改良されて、外径も統一されたようです。
2セルのほうが低電流で効率よく使えると思っていますが、1セルも捨てがたいですね。
1個だけ古いGrizzlyを持っていますが、Shopのメニューから落としました。新型を仕入れるかどうか思案しています。旧タイプのGrizzlyでは、GWS5030を7.0Vで1.82A流して、90gの推力です。

>Gasparinの1セルBLを2セルでも回せるのではないかと思いますが、まだテストする精神的余裕がありません。

自作のBLで線の太さ、巻数などを変えた4種類を用意して、1セルと2セルで回してみるテストをしました。
5030の1セルでは1.7Aで54gくらいのものが、6030に替えて2セルで回すと1.5Aで100gを越えました。
Grizzlyも使えるモータだと思いますが、この微妙なスペックで飛行機を作る人がもっと増えないと行商のおじさんは商売になりませんよね。Stefanおじさんもですが。

エルロンを広げて翼面積をすこし稼ぎましたが、今の状態で既に翼面荷重が10g/d㎡です。機体の軽量化の効果は幾らも望めないところです。胴体にヘリウム入れましょうか。

モーターは難しいところです。GBはカウリングやスケールの関係で、比較的大きいペラを回す必要がありますから。7038のペラを2セルで回せる軽量モーターがあったら良さそうですね。

motoさん>ジイさんになってしまいますよ。今度、手ぶらでファンフライ飛ばしにきて下さい。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント