国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« German Indoor Aerobatics Championship 2007 | メイン | 日本のMANTA »

2007/02/19

コメント

いつも良い機体を作っているかの様に取り扱っていただいて、有り難うございます。
さて、帰ってから送信機の設定を確認したらフルスロットルのエンドポイントは節約設定の20%でした。完全にこの機体にこのモータはオーバースペックですね。
取り敢えず300リポも載せられる様にしたのでバッテリーの心配もなくなりましたが、もう少しマイルドワインドにしたいですねぇ。
>ドローイングを並べてみました。
大きさが違うので一概に比較できませんが、やはり小さいが故のバランスになっているようです。この線で更に小さくして行ったら無尾翼ファンフライになりそうです。
>たいへん飛ばしやすい機体・・・
自分でもそう思いますが、果たしてそれが良いのかどうか。
マア、壊れなくて楽しく飛ばせるので、私の技量に見合った初心者練習機ですね。
一度上手な人に飛ばしていただいて、評価してもらいたいとも思いますが。

説明が不足していました。
3機のスパンサイズを500mmに揃えたつもりで並べてみました。大野機以外はオリジナル機をそのままスケールダウンしたことになり、スパン400mmのmini MANTAがその悪い例になります。
今回の新作機のように、翼弦を広く、翼面積を広げるなど小さい飛行機として安定させる工夫がひつようであることがよくわかりました。
Clik!はそのままスケールダウンしているので、いい設計なのかな?

次の練習飛行会ではSuzuki Clik!が登場予定です。

栗田さんのMini Clik!もいい感じですね。
オリジナル Clik!は、F3Pパターン専用にかなり安定方向に振った基本設計なのだと思います。
その点MANTAは、AMにも優れた運動性の良い(上級者向き、不安定)機体なのでしょうか。

Suzuki Clik!が登場予定>
私のCarbonFun02はオリジナルなので、調整、改修がまだ必要です。
開発中のオリジナルスローアクロ機で、飛行練習するのはむりがあります。
そんなこともあり、栗田さんのMini Clik!を操縦させてもらったら、素直な操縦感覚が気に入りました。自分の練習機にしたくなったわけです。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント