国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« ELE C-20 Motor Kit | メイン | clik! 開発機など »

2007/03/18

コメント

私、環境順応性が遅いんですよ。しかもヘンタイ機のシェークダウンでしたので。
案の定、トリムが合う前にクラッシュテストになってしまいました。
ハイブリッド機はやはり衝撃がEPPに集中してしまいましたが、カーボンの補強やデプロンを保護するには有効です。舵の効きがクリスピーで現場修理で復活しやすい(今回は「壊れにくい」とは言えない)機体です。
オールデプロン500スパン機は・・・笑っちゃうくらい楽しいシャキシャキの運動性能・・・でも更に進化した反射神経養成ギプス状態・・・やはり重いのはイケマセンね。
という事で、両機ともデザインバランスの取れていない状態でしたが、もうオールEPP機に戻れない快感を知ってしまいました。

1人ずつ飛ばしていく(バッテリー使い切り)のは、結構充実感がありますね。他機を気にするストレスもないし。
「飛ばす」ということに対して、各人が持っているイメージや習性、癖みたいなものがよくわかりました。
基本的にはパワーに余裕を残しながら、ここぞというときに使うというメリハリでしょうか。
優秀なキットから教わるものは多いですが、最終的に役立つのは自分の血肉になったノウハウでしかまとまらないように感じました。
でも、このへんまでわかってくると、やっぱ楽しい!!

こんにちは

軽量化と引換えに墜落強度がないということですね。
上手な人には関係ないだろうし、競技機としては正しいのかも。

日曜日、佐々木さんのところにお邪魔してClik!コピーを飛ばしてきました。
ショックF3A(こちらもコピー)も飛ばしましたが、胴体側面積が大きいClik!
コピーのほうが飛ばしやすかったです。

何度か落としましたがそう壊れることもなく沢山飛ばせました。
120g台とは飛びも違うでしょうがそれでも練習には十分かと。

YASさん、こんにちは。
佐々木さんはclik!を入手してコピー機を製作したんですね。
私も練習機として800mmのレギュラーサイズのコピー機を作ってみる予定です。

栗田さん こんばんは。
clik!コピー機はYASさん作です。
良く飛んでいましたよ!
僕の方は明日デプロンが到着で今週末に向けて制作開始です。悩むのはモーターですね。久しぶりに巻こうかな?

佐々木さん、こんばんは。
そうでしたか。
clik!はたいへんよく設計された飛行機ですね。
各メンバーの印象はいろいろですが、全員がキットを購入したことからもわかるように、オリジナルclik!から得るモノがあると確信したのでしょう。

モータはオーバースペックな15g以上の製品はありますが、15g以下でちょうどいいパワーのものがなかなかでてきません。私も自作で使えるモータを確保するつもりです。600mmclik!用に使っているMighty MidgetのGOLD seriesに替わるモータも自作したいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント