国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« 週一練習飛行会 報告05 | メイン | YGE4-BL »

2007/03/26

コメント

TB入れました
私達のメイン練習場である「フレッシュランド西多摩体育館」は立ち位置などに制限があるります。
そこで、自分が練習することを想定してパターンをアレンジしてみました。

人間の癖とはあきれたもので、いつもの立ち位置でアレンジしてもらったパターンドローの方が頭に入りやすいです。
次回の飛行会でみなさんの意見を聞きましょう!

簡単なメモを綺麗にしていただきまして、ありがとうございます。
この、パターンの向きを考えるのに、suzukiさんのブログに載っている、ビデオ(oonoさんのコメントの中にあります)を参考にさせて、いただきました。
見てない方は、ぜひ拝見するとよいと思います。
この、2つのビデオを見て感じたのは、上のビデオの飛行は、演技を全て、右から進入していることです。
下のビデオは、演技と演技の間に全てデッドパス(目の前を通過)を入れているということです。
この2つにどちらもメリットがあります。
人間は、利き腕がわ(右利きの人は右からの進入)が得意です。
屋外での演技は、向かい風が得意な演技(ループ系)と追い風(ロール系)の演技がありますので、全て同方向というわけにはいかないのですが、風の無い室内では、全て右からが可能です。
ビデオ上は、まさにこの室内機ならではの特徴をいかした選択だとおもいます。
F3P-cの特徴ですが、デッドパス(目の前を通過)しても良い点です。
パターン演技では、演技そのものももちろん重要ですが、良い位置にもってくることも重要でかつ難しいことです。
下のビデオでは、演技の前に必ずデッドパスを入れてありますが、これは、演技の位置取りを考えてのことでしょう。
ですから、この2つのビデオは、F3P-cのことを良く考えた非常に示唆するものが多いビデオといえます。
さて、我々はどちらが良いかなのですが.....
良い位置にもって来ることを重視して、デッドパスを入れる方にしてみました。
演技の中では、背面サークルが一番難しいのではないかと思います。
特に自分に向かって来る9時~6時(上から見て時計の時間で場所を表しています)が難しいわけですが、左から進入すると、この6時~9時が、最後になるので練習し易いかとおもいます。
あと、練習方法としては、各々の演技を集中して練習してマスターすることと、全ての演技を通して演技することの両方が必要です。
最初は、各々の演技をマスターすることから始めるわけですが、デッドパスをして演技したらデッドパスして同じ演技これを繰り返すことにより1つの演技を集中して練習することができます。
通しの練習ですが、これは、各々の演技と平行して練習すると良いとおもいます。
ロールなども案外ロールするタイミングをつかむのが、難しいものです。
背面サークールなど、出来ないうちは、正面でサークルするとか、ロールは、したつもりで通過するとかして、”出来る演技”だけして最後まで行うと良いと思います。
机上で考えたものなので、これが良いか分かりません。私自身も演技してみて、背面サークルとインサイド・ループ1回の間のデッドパスは無い方が、演技の向き、インサイド・ループ1回と場周飛行とのつながりが、良いような気もします。
実際に飛ばしていきながら、修正する必要があると思っております。

esuさん、詳細なコメントをありがとうございました。
大変参考になる内容なので、箇条書きに整理したものを本文の方へも掲載させていただきます。

YSFCのメンバーにはまだ機体の準備も間に合っていない方もおり、なかなか足並みの揃った練習はできそうもありません。
一番理解している鈴木さんをリーダーにして、立ち位置の確認や各パターン演技の練習方法を検討していくつもりです。
まずデッドパスを取り入れて、トリム修正、水平飛行、旋回の基本をみんなでマスターできるようにします。これからもアドバイスをよろしく!

esuさん>
私のblogコメントにも立ち位置に関する懸念事項を記しました。esuさんのイメージを聞かせてください。
http://una3-slowfly.sakura.ne.jp/blog/2007/03/ysfc_8.html
の動画はその立ち位置に立った操縦者目線です。練習用パターン図では、演技は全て操縦者から離れていく方向です。しかし、まだうまくコントロールできていなくて、方向がばらばらになってます。

私もこのパターン図使わせていただきます。
先ずは基本マスター出来なければ綺麗な演技も出来ないでしょうしね。

八歳さん、どうぞ自由に使ってください。
体育館を縦に使ったパターンのドローイングは鈴木さんのブログにアップされています。条件や好みに合わせて使い分けてみてください。
また何か感想や改善点などみつかったらコメントくださいね!

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント