国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« WESカーボンペラ | メイン | Synchronicity »

2007/06/04

コメント

記事のアップが早いですね。
どうもありがとうございました。
私もビデオをアップしておきましたよ。

実験工房の掲示板↓からリンクしていますのでご覧ください。
http://rcp.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/c-board.cgi?cmd=one;no=10627;id=

昨日はありがとうございました。
非常に貴重で有意義な時間をすごす事が出来ました。
まだ興奮冷めやらぬ感じで
あまりの情報の多さにこれから試して見たいことや
作りたい機体がいっぱいで頭の中が大変です
あとManta落としちゃって申し訳ありませんでした。
大変貴重な経験が出来て感謝しております
ありがとうございました。
またこちら(群馬県)のインドアの主催の方も皆さんの参加を心待ちにしておりますので
時間の取れるときに是非お待ちしております
取り敢えず6月の日程はYSFCさんのとこと同等の広さの体育館で10日と24日です

追伸です
依然私が自作したMantaタイプの機体の動画です
Mantaタイプ1号機
http://sky.geocities.jp/in_door_123/video/EPP.WMV
翼端に安定版を付けてラダーを延長したタイプ

http://sky.geocities.jp/in_door_123/video/indoor1.WMV

nobuさん、紹介いただいた2つのリンク先は使用されていないというメッセージが出ます。ご確認下さい。

殆どバードゲージ化しつつあります。胴体補強に使った1φカーボンチューブは1.5m(1.2g)。
少しやりすぎの感もありますが、心配する程の墜落強度の低下も無いようでした。胴体後部は殆どバルサ機並みに捩じれません。剛性を見直してφ0.7のを使ったり、もう少し間引けば1g以下で済みますね。
舵が過敏になる事もなく、ダイレクト感が増して操縦し易くなりました。
先週テストしなかった9歯10マグモータを使ってみました。少し音がうるさいですが、GWS7035で4Aを超えずに必要なパワーが出ていたので、軽量アンプとバッテリーが使えました。操作感もスムースです。このモータを帰ってからアンプを変えて0843でテストしたところ・・・知らないうちに8inペラ用の良いモータが出来ていました。

申し訳ありませんこちらからなら見れると思いますhttp://sky.geocities.jp/in_door_123/video/v-1.html
http://sky.geocities.jp/in_door_123/video/v-3.html

こちらのブラウザの問題でした、nobuさんごめんなさい。
Firefoxだと新旧両方のURLでも同じ「使用できません」メッセージのページが出てしまいます。
しかし、ブラウザをSafariに替えたらどちらでも見ることができました。
Macユーザーだけの問題かも、失礼しました!!

どうでしょう?
最初の機体(V-1)は背面からのエレベーターの操作で翼端がコケルのがわかると思います。
V-3の機体は翼端に小さな安定版が取り付けてあります
あとラダーの面積と垂直尾翼を大きくしてあります
この変更でだいぶ飛ばしやすくなりました
TEAM QUADRAさんで紹介されている機体が
EPPの最終型になります
http://blog.goo.ne.jp/team_quadra/e/08bf7441cab6541991ed9ab4542b3a14
今度この機体をハイブリットで作ろうかなと計画中です。

昨日は、ありがとうございました。
日本では手に入らないなMANTAや新作のSouthernX-AM、94.2gレプリカclik!をいち早く飛行させていただくという貴重な体験をさせていただき感謝しています。
MANTAを飛行させていただき、clik!との違いを感じました、安定性と、スローフライトはclik!が上です。しかしclick!で苦手?なトルクロールはMANTAは抜群で簡単に垂直に立ちくるくるまわります。
舵もスパット入り運動性もすばらしいです。飛ばすと過激に飛ばしたくなる機体です(笑い)。贅沢ですが、トルクロールはMANTAで練習するとうまくなりそうです。あらためて、clik!のすばらしさがわかった気もします。
SouthernX-AMは、素直癖がなく運動性の良いすばらしい機体です。飛ばしていて楽しいという言葉がぴったりで、どのスピードどのような姿勢でも舵が確実に効きます。sekiai さん調整も参考になりました。
94.2gレプリカclik!は、パワー不足で垂直上昇がやっとでしたが、スローフライトは独特でこの大きさで軽い機体が一番ゆっくり飛ぶのかも知れません、このスピードでスタント(アクロ)したら別世界ですね。
本当にすばらしい1日でした。

TB入れました
須田さん、安井さん、堰合さんお世話になりました。
皆さんの操縦しながらの話、貴重な情報が一杯ちりばめられています。ですから、動画は編集しないことにしました。
動画サイズが大きくなったので、YouTubeにアップしています。
多少、画像が粗くなっていますが、十分皆さんのフライトインプレッションは伝わると思います。

nobuさん、ムービー拝見しました。

V-1で背面からのエレベーター操作で翼端がコケるシーン、何とか確認できました。でも、教えてもらったのでやっとわかる感じかな。
V-3の翼端安定板も確認しました。
今度MANTAを飛ばすときにやってみます。

EPPの最終型も含め、いろいろテストをされているのですね。ほんと、驚きです。
ハイブリット版も、期待してます!

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント