国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« SouthernX-AM 組み立て/取扱説明書 | メイン | 自作 SouthernX-AM »

2007/07/08

コメント

翼端板は、エルロンよりこの位置の方が、カッコ良いですね。
そして、この位置の翼端板は、効果がかなりあるようですね。
オリジナルMANTAの改造は、すごく期待できますね。楽しみです

こんばんは、日曜は私も仲間の機体でデバイスの検証をしました。
kuritaさんのMantaですが主翼の垂直版は前縁より前に10mm以上出すと効果が上がりますよ。
とくにブレーキ効果はハッキリ出ます。
エルロンの後ろの補助翼は重心が変わるようです。
重心の後ろの部材が増えますから当然なのですが、TESTを行った機体では40mmほど前に移動しました。
インプレは、水平安定性が向上した印象です。

esuさん、nobuさん、こんばんは。
nobuさんのアドバイスはいつも説得力ありますね。
確かにclik!やSX-AMなども前縁より前に出ています。
600MANTAもですが、オリジナルMANTAにも施してみますので、esuさん、今度飛ばし比べてみてください。

nobuさんのハイブリッド新作機、どんどんスパンが大きくなっていますが、その理由に興味あります。
私も軽い練習機が必要なので、720mmスパンでclik!とAMの製作をはじめました。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント