国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« 自作BLモータ・ワークショップ | メイン | Aerogel »

2007/09/06

コメント

私もレーサー機を作ろうと思いますが、このクラスのレーサー機だとだいたいスパンが20ftぐらいですね。
縮尺はどのくらいにするつもりでしょう、1/10で60cmクラスか、それとも1/12で50cmクラスあたりでしょうか。

2007.08.22にUPしたエントリー「Indoor Pylon Racing Rules & Regulations」の中で、「インドア・パイロンレース規定  Vol.01」に記述してあるのですが、スパンサイズは65センチ以内と緩いルールです。
http://ysfc.weblogs.jp/main/2007/08/indoor_pylon_ra.html#more

これは適当に決めたのではなく、須田さんと時間をかけていろいろテストを行い決めました。搭載メカは一般的に入手しやすい低価格な製品をチョイスしても参加できるよう考慮してあります。
使用する体育館の広さはF西多摩体育館(バスケットコート1面)が最小です。
この場合、50cmでも、60cmでも、出せるスピードと操縦テクニック、翼面荷重の設定など、有利になる要素の掛け合わせはいろいろです。
自分の好みで50cmでも60cmでも自由に選んで製作してください。
重さは110g以下ですが、今後軽量化されるでしょう。
何レースか様子を見て、参加パイロットの意見を取り入れていきましょう。

同時飛行をするなら縮尺を揃えた方が良いかなと思ったのですが、たしかに自分の技量にあった確実に周回出来る機体を飛ばせるようになるのが先ですね。
まずは手持ちの機材に見合ったサイズで作ることにします。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント