国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« バルクモータ | メイン | 4.3gサーボ改造で1.2gサーボを作る »

2008/01/16

コメント

昨日届いて今日結果レポートとは・・・。のどから手が2-3本出るほど早く入手したかったのですね。
このUSBCOMは、どのようなフライトをさせたか、飛行後にESCのデータを取り出すことが出来る優れものです。
いろいろ試して、データのさらなる公開をおねがいします。

今月の飛行会はあいにく夜間になってしまったので、その寒さを利用してバッテリーと1セルのテストをやってしまおうと考えたのです。
電子回路ものへのアプローチは得意ではないので、腰が重いのですが、送っていただいたのでやらねばと始めました。

USBCOMだけではデータチェックはできないのでは? 対応しているZ-seriesのアンプやデータ取り用のBlack Boxまで揃えないとできないと読んだのですが違いますか?

実際に使ったことはないのですが、アンプにつないでReadをクリックすると、直近のデータがとれるらしいです。
ただし、スロットルフルハイ2秒以上していることが必要とか。
日本のトップモデルさんのサイトで日本語取説をダウンロードできます。

moto商会のアフターケアに感動しながら、トップモデルのサイトで日本語取説をダウンロードして読むと、確かにESCのフライトデータを得ることができると書いてありました。しかし、明らかに誤訳と思える設定が、
「2分以上フルハイ状態がないと保存されません」
とあります。そんな馬鹿な・・・。
結局、オリジナルの英文マニュアルを詳細に見ていくと「2分 → 2秒」でした。
まあ、ESCのデータ「最高回転数 / 最大電流値 / バッテリー電圧」などがわかれば、受信機側に供給される電圧量もある程度推測できるかな。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント