国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« Little Tiny | メイン | Microraptor »

2008/06/16

コメント

ここ暫く、800スパンEdge540の操縦訓練と調整の為に他の飛行会に行っていました。
Little Tinyは上半角が無い上に、胴体側面積が殆どないのでラダー旋回する機体では無いと思います。パイロンターンの練習には良いかも知れませんが、現在のインドアアクロ機のように飛ばしたいのであれば、ラダー面積を増やすよりも胴体側面積を増やした方が有効かと思います。
エッジでさえラダーだけでは横滑りが多過ぎて、狭い体育館では苦しいです。サイドスリップ状態で壁にぶつかりそうになってスロットルを下げると、そのまま曲がらずにクラッシュです。(飛行会をスキップしている理由です)
何とか操縦感覚が身に着いてきたようなので、これからは正確なフライトの練習もして行こうと思います。

おおのさん、武者修行中ごくろうさまです。

エルロンとラダーの操舵方法を再確認する意味もあり、あえて胴体側面積のない機体Little Tinyを選びました。あの時代の(わずか5年まえですが)機体では、ラダーに動翼がなくてもエルロンとエレベータをうまく使ってFun Flyをクリアしています(tokoさん参照)。
今回、飛ばしてみて諸先輩の操縦技術のすごさを実感しました。
結論としてはLittle Tinyをいろいろ改造するよりも、現在の胴体側面積のある板翼機でまじめにエルロンとラダーの使い分けを練習した方が利口のようです。
うまい言葉がみつかりませんが、体育会系の練習を実行することができないため、なんとか文化系としてうまい練習方法がないか模索していたのです。でも自分だけではみつかりませんね。おおのさんはみつけたようだけど。また、その成果を教えてください。

MINOR受信機の5ch目ですが、FUTABAのT7CAP送信機で2サーボエルロンが可能なことを確認しました。
フラッペロンの設定を使って、2ndエルロンのチャンネルをCH5(デフォルトはCH6)にします。
-----------------
FLAPRN >ON

DIFF>± 0%
AIL-2>CH5
--------------------

栗田さん、teamQUADRAでは、雨天以外は毎週屋外飛行場で朝6時から飛行練習をしています。
無風に近い屋外では機体の調整から、新しいアクロの練習を効率良くこなす事ができますよ、羽村を5時15分に出掛けると、6時には到着できますので是非参加をお待ちしています。
6時が無理ならば、9~10時までは飛行場に居ますので適当な時間に来てみてください。

須賀さん、いつも尻をたたいていただき感謝しています。以前から見透かされていますが、朝に弱いため5時起きで操縦練習に行くというのは、まさに体育会系朝練のノリ。文化系には真似のできない情熱や根性が必要ですね!
でも、最近わかってきたのは、アウトドアで風のない時間というと早朝と夕方しかないのですね。暗くなる夕方よりは早朝の方が練習になるのはよくわかります。

>9~10時までは飛行場に居ます
って、いつから職場に向かうのでしょう。
とにかく、うらやましい生活習慣です。なんとか見習わなければ・・・。

栗田さん、いつも尻を叩いてすいません。
書き忘れましたが、基本的には日曜日の早朝です、今の季節では5時から十分に飛行可能ですが、5時台に来ているのは、メンバーの加藤くらいです。
平日の夕方は、6時に仕事が終わり、6時40分位に帰宅しますが、夏場のこの位の時間帯は、KINGYO400も飛ばせる位静かな時がありますね。
年をとると朝が早くなりますが、まだまだ栗田さんは若いようです、栗田さんが老人になって早朝から飛行練習に参加出来る様になるまで、もう少し待つことにします。

MINOR受信機の5ch目を使い、2サーボエルロンが可能かどうか、鳥羽さんがFUTABAのT7CAP送信機で確認してくれました。
栗田はJRのX3810送信機グライダーモードで試してみました。
JRはグライダーモードに切り替えるだけで、CH2が右翼エルロン、CH5が左翼エルロンに自動設定されることを確認できました。

MINOR受信機の5ch目の使用方法について、皆さんのテスト結果を頂いて、再確認しようと思っていますが、全日本用のKINGYOの試作に追われてなかなか手がつきません、JRでも簡単に出来そうなので皆さんのテスト結果を参考にさせていただきます。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント