国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« Alula をつくる - 03 | メイン | SOARING BOOK »

2009/08/03

コメント

KINGYO2009-400は驚きでしたね、もともKINGYO2009はF3Pの新ルールに合わせて主翼面積を運動性方向に振ってあります、最初に400を見た時は翼面積が少ないので飛ばしにくいのでは、と思いましたが、フルミリング&使用サーボ等の少改良でかなり本格的な飛行が出来そうです。
400クラスにもKINGYOの秘密の味付けが生きるとは思いませんでした、驚きました。

オリジナルのデザイナーにOKをもらえたようなので、構造を見直して30g切りを目指してみます。motoさんのところでSpektrumサーボを取り扱ってもらえればフルキットパッケージができますね。

鳥羽さん、YSFCの2009.02.27のエントリー「Bind-N-Fly Technology」で紹介したMicro Sukhoiのエルロンは、1サーボでコントロールできているけど、試してみることは可能ですか。
1セルで4サーボだと、また1セル特有の電圧低下問題がおきやすいので、このリンケージスタイルで成立するといいかもしれません。
https://ysfc.weblogs.jp/main/2009/02/bind-n-fly-tech.html

鳥羽さん、KINGYOはYSFC・鳥羽さん・QUADRAのコラボなので、600バージョンなんかも企画していただけると嬉しいのですが。
400はエルロンの駆動精度やトルクを考えると、Spektrumサーボ×4で飛ばしてみたい感じです、電圧低下問題は頭の痛いところですが・・・
なんとかYSFCさんで400クラスの完全にコントロールされたスタント機を確立したいですね。・

追伸、600サイズは小山内さんからのリクエストです。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント