国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« Manta V3 | メイン | 謹賀新年 »

2009/12/30

コメント

こんばんは。これは盤鷹というのですか。3-4年ほど前に北京に行った際に天安門広場でこのような鳥型の凧を見ました。写真のような大径の糸巻きを使っていましたね。何より驚いたのがその凧はグライダーとして滑空するのです。微風の中で、糸を緩めて滑空、糸を張れば凧として揚げられる。穏やかな夕方、おじいさんがいつまでも飛ばしていたのを覚えています。参考になりました。

コメント、ありがとうございます。
3-4年前というと盤鷹が盛んになりはじめたころにご覧になったのですね。滑空し、旋回できるシングルラインの鳥凧は世界でも珍しく、実際にあがる姿を観察できたとは、うらやましいかぎりです!!
西欧のスポーツカイトとの違いをみつけてみたいのですが、どうなりますか。

お久しぶりです。
面白そうな物を手に入れましたね。佐渡で飛ばすにはうってつけではないでしょうか。
もっとも、東京で飛ばしてもすぐに汚れてしまいそうですので、何かの巡り合わせなのではないでしょうか。
こちらは電動盤鷹(無尾翼モグラ)にはまって、年末連休を楽しんでいます。
新作は翼長1200ミリですのでこの盤鷹を一廻り大きくしたような大きさです。
滑空している様子が鳥なので、やはり散歩の人達の受けは良いようです。
インドアもそろそろ本格パイロン機を創ろうかと思案中です。
今年もいろいろお世話になりました。良いお年をお迎え下さい。

おおのさん、ごぶさたです。
新しい年を迎え、ますます新境地を開拓されている様子、拝見しています。なかなかまねをさせていただけない機体が多くて悩みますが、本格的なパイロン機の完成を楽しみにしています。
今年もよろしくお願いします。

おじゃまします。
電動ヘリなどをほんの少しかじった次に昨年夏から盤鷹をいじっています。
スポーツカイトと盤鷹との一番の違いは、スポーツカイトが一定の長さのラインの先にできる球面上を動くのに対して、盤鷹は、揚げ手から離れたり寄ったりして水平にも旋回することです。この動きをさせるためにラインを素早く出し入れするのにあの径の大きな大きなリールが必要なのです。
拝見したところ軽くて立派な鷹のようですね。
骨が竹なので、翼などは何度もぶつける内に次第に繊維が切れてついには折れてしまいますから、練習は必ず芝生の広場で、風速 0.5~1m/sの時がベストでしょう。3m/sを超えると操作しにくい上に地上にたたきつけられてクラッシュすることがあります。
本場中国での様子は「盘鹰」とコピペで検索すればyouQほかの中国の動画サイトで見られます。
youtubeで「盤鷹」と検索すると国内の投稿が見られます。
ちなみに藤原宮跡での練習風景が私と友人です。
習得には結構時間がかかりますが、がんばってください。
長文失礼しました

ぼのぼさん、はじめまして。
入門者にとっていろいろとヒントになるコメントをいただき、ありがとうございます。
すでにYouTubeでは諸先輩のムービーを拝見していたのですが、ぼのぼさんのムービーは今回はじめて見させていただきました。
https://www.youtube.com/watch?v=GmKQel02PyM
固定カメラなのが残念です。できればお手元の動作などもっと見たくなりますね!
時間をみつけて中国サイトの「盘鹰」もみつけてみることにします。
これからもよろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント