国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« ゴム動力飛行機の本 | メイン | 30秒間の静止 »

2010/03/26

コメント

羽ばたき機は着実に進化しています。滑空が第一の壁でしたが、GLDABのプログラムに変更を加えることで常時滑空状態になることが出来るようになりました。現在は、羽ばたき機(EPPの翼)によるアクロバット飛行、滑空する翼竜(膜の翼:新素材Orcon file使用)を目指しています。2010年1月からは映画AVATARにのめりこみBanshee, Leonopteryx, Tetrapteronの3つの羽ばたく飛行生物(膜の翼:Orcon file使用)を作ってしまいました。動画を見てください。----角田和彦

角田さん、コメントをありがとうございます!!
HP拝見しています。すごいスピードで新機種の開発が進んでますね。新作のAVATARシリーズもいい雰囲気に仕上がっています。
後を追う者としては、メカのレイアウトを確認できる写真も公開していただけると助かります。
GLDABの設定も詳細に解説してくださっているので、今後導入を検討している私には、たいへん参考になります。これからもよろしくお願いします。

ちなみに、写真がほしい羽ばたき機がありますか?なるべく早くHPにUPします。YouTubeの動画にコメントしていただいてもいいですし、Mailをいただければ、写真や簡単な図面はあるのでUPします。
ここまで来るまであらゆることを試しましたが、最近やっと、どうすれば飛ぶのかがわかってきました。軽くて丈夫ないい翼と、高性能のLIPO(G3が最高)、回転数の多いモーター、Overアンペアになっても止まらないESC(サンダーバードがgood),
舵が良くきく尾翼(回転式ラダー)があれば飛びます。あとは、カーボンとアルミ、ステンレスから素材を作り出す道具。---角田

ありがとうございます。
YSFC技術顧問の鈴木がGlide Hawkを入手しているので、いくつかお尋ねしたいことがあるそうです。
写真のリクエストも含め、直メールしますので、よろしくお願いします。

翼竜型の羽ばたき機での最高の滑空飛行ができましたのでご覧ください。
New GLDABを装着し,新素材のOrcon filmを使って翼を作った高性能羽ばたき機です。
Chaoyangopterus 8-9 :High performance pterosaur ornithopter

http://www.youtube.com/watch?v=INA-yT7g1Go

Chaoyangopterus 8-9 :High performance pterosaur ornithopterの内部の写真をHPに掲載しました。みてください。

http://homepage2.nifty.com/smark/Chaoy88.html

角田さん、ムービーの紹介に加え、メカの詳細がわかる写真をUPしていただき、ありがとうございます。

新たにプログラムしなおされたNew GLDABの効果は抜群のようですね。メカのレイアウトもオリジナルのデザインで、たいへん参考になります。

現在、韓国と国内のCybirdに関するサイト紹介のエントリーを準備中です。また、いろいろ教えてください。

新しい滑空用の羽ばたき機 Circus(チョウヒ)F9の初めての飛行のVTRをUPしました。
http://www.youtube.com/watch?v=kKv1YPbbDZs
まだ、調整中ですが、強風の中でもよく飛ぶので、滑空も期待できそうです。
ベルト駆動、回転式ラダー尾翼、エレボン、New GLDAB装備です。

角田さん、新しい羽ばたき機Circusの初飛行、おめでとうございます。
何度もムービーを拝見しました。
カバーを外した画像も撮っていただいたので、レイアウトや尾翼の動きなどもよくわかりました。新しいベルト駆動の導入に、また驚いています。
角田さんはアイデアをすごいスピードで形にされるので、傍観者としては理解が追いつかない部分が多々あります。
RCGroupsのスレなども見たのですが、話題が「ウイング・チップアクセラレータ」のことになったりと、これまた初めて目にする「しくみ」でした。
いずれHPの方にもCircusの詳細がUPされることを楽しみにしています。

Circus F9 (チョウヒ)の詳細をUPしました。ごらんください。まだ製作中ですので、変更するかもしれません。
http://homepage2.nifty.com/smark/CircsF9.html

このベルト駆動方法はロバートマスターのRobirdの仕組みを参考に作ったものです。
http://ovirc.free.fr/Robert%20Muster.php

新しい飛行です。
CircusF9
http://www.youtube.com/watch?v=mpj6pkwW9Bc
Ptearnodon9-7
http://www.youtube.com/watch?v=I535HVK_QR4
SwiftF7
http://www.youtube.com/watch?v=9SKndDEo8mg

翼やギヤシステムを改良して、F9の重量でよく飛行しているのに驚いています。
ROBERT.Mがボディをグラスファイバーで製作しないかと言っていましたね。

私はベルトドライブ式はPA-3たけですが、
ベルトドライブ式のPA-2も、先日から製作に入りました。、
PAシリーズは5機目ですが、製作ぺースが遅いので一機製作するのに、二ヶ月位掛かってしまいます。

ベルトドライブ式の羽ばたき機-FalconF5の最新動画をUPしました。強力な羽ばたきと翼の改良で機構能力もよく、短時間でしたが滑空も良好です。あまりに羽ばたく力が強いので、翼とクランクをつなぐ3mmのステンレス製ボルトが折れてしまいます。この点が課題として残りました。

http://www.youtube.com/watch?v=-KBDpu2FRQY

羽ばたき機による最高の飛行:ループと滑空が達成できました。

ごらんください。

Buteo F4 Looping & Gliding with New Wing and Strong Motor
http://www.youtube.com/watch?v=d_1zuipPI_0

ムービーを拝見しました。
こちらは入門レベルであたふたしていますが、精力的に開発を進めてここられた角田さんは、すばらしい成果を上げましたね!!
詳細は、またRCGのフォーラムも見るようにします。

最近の作品です。
見ていただければ幸いです。
1)コウモリ型羽ばたき機の試作
http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1472137
2)映画ヒックとドラゴンのデッドリーナダー
http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1496369
3)メンフクロウの羽ばたき機
http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1401758
4)アクロバット飛行可能な翼竜型羽ばたき機:膜型の翼で宙返りができる羽ばたき機は初です。
http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1484250
5)翼竜型羽ばたき機プテラノドンの最新飛行・滑空
http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1465224

天空の城ラピュタのフラップターを製作し、初飛行に成功しました。
4枚の翼での羽ばたきによる飛行です。

フラップター of 天空の城ラピュタ Flaptter 19-2 Second test Flight http://www.youtube.com/watch?v=kzlY8gRs520

 どなたか羽ばたき機の購入(入手)方法を教えてください。

この記事の冒頭で紹介しているHobby Technikのキンケード氏のHPで購入の申し込みができます。
やり取りは英文メールになります。
日本国内でこのような大型の本格的な羽ばたき機を扱っているショップはありません。
韓国製のサイバードは以下のリンク先で購入できます。
http://www16.plala.or.jp/hase41s/index.html

ありがとうございました。
中国からしか直接購入(日本語で)したことがないので、できるかどうか分かりませんが、やってみたいと思います。

Hobby Technikは注文してもすぐに来ない可能性があります。私は1年半以上かかりました。フランスのOVARCではSlowHark2までは購入ができそうです(うまくいけば数週間)。新しい販売者のProtoseni's Orniはすぐ来るようです。RCgroupsの記事で確認してください。

失礼、OVARCではなくてOVIRCでした。
http://ovirc.free.fr/ornithopteres_hobbytechnik.php

Protoseni's Orniは以下のSiteです。

RCgroupsの論議をよく読んで購入するかどうか決めてください。私は購入したことがないのでわかりません。

http://www.sgdrone.com/p/18/ornithopter-bird-52-wingspan

Protoseni's OrniのRCgroupsの論議は以下です。

http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1674335&highlight=protoseni+s+orni&page=9

Sean氏(Hobby Technik)のSlowHark2とSlowHark3の合いの子のような機体です。Gliding systemは私のNew GLDABとほぼ同じです。

Kakutaさん、Protoseni's Birdの情報をコメントいただき、ありがとうございます。
シンガポール製?の羽ばたき機は、各部に進化改良があり、好感がもてます。息の長い商品であれば良いのですが、パーツ供給などが心配です。いぜれにせよ、どのメーカーの羽ばたき機を入手する場合も、ある程度自前でメインテナンスする覚悟が必要ですね。

 先日kakutaさんから羽ばたき機の入手方法について情報をいただいたので、OVIRCに問い合わせたところ、翌日返信メールがきて5~7日で日本に届くように発送可能とのことでした。 
 また、支払いはPAYPALでとありましたが、ホームページにPAYPALのクリック箇所が見当たらないので、どのように送金するのかどなたか教えてくれませんか。
 ただ、価格がHobbytectnikに比べると2倍近いので、できればHobbytechikから購入したいと思い、5日くらい前に入手可能期間等について問い合わせのメールを送りましたが、まだ返事はもらっていません。

HobbytectnikのSean kinkadeからMailの返事(すぐ送りますなど)がきてお金を振り込んでも、実際は送られてこないことが通常ですので、ご注意。もし、送られてきたら超々々々々ラッキーです。

OVIRCはMailでPayPalの振込先を確認する必要あります。以前は、銀行振り込みのみでしたので、振込みだけで1万円近くかかりました。

値段から見るとProtoseni's Birdが安いですね(シンガポールドルです)。

Kakutaさんありがとうございました。
Hobbytechnikからは返事がきませんし、Kakutaさんが注文してから入手までに1年半かかったとのことなので、ここからの購入は止めようと思っています。
 OVIRCはH0bbytechikの製品を販売しているようなので、必然的に高いのだと思います。
 OVIRCでもProtoseni’s Omiにしても海外から購入するする場合は日本のホームページのように順次入力していけば終了ということにはなっていないようなので、うまく購入できるのか不安なところもあります。
 特に、Protoseni’sOmiはメールアドレスも見つからないので、問い合わせもできないでいます。
 なお、Slow Hawk2等には受信機は付属しているのでしょうか(直接問い合わせれば分かるかも知れませんが)付属しているとすれば何MHを使用してるのでしょうか。
 お分かりでしたらお願いします。
 
 

Protoseni’sOmiは、RCgroupsの論議をみて

http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1674335&highlight=protoseni+s+orni&page=9

最初の投稿者YOVIO氏に個人メッセージを送れば連絡をくれます。

先日、他の人が、OVIRCにSlowHark2頼み、すぐ送って来て入手しました。
SlowHark2のキットにはブラシレスモーターのみが付属し、受信機、ESC、サーボなどはついていません。

 角田さんありがとうございました。
国内から購入するよりむずかしい面がありますが、とにかく入手したいので今後もいろいろ教えてください。

初めて投稿させて頂きます。角田様よりアドバイスを頂き、先日 OVIRC社よりSlow Howk2を購入しました。メールで問い合わせ、Paypalで支払うと5日で届きました。8/23支払 8/28日着(東京)でびっくりです。
Mr.Robert Korobelnik氏にメールにて質問するとチャットの様に返答してくれます。ただし、フランスとは時差があるので日本時間 午後6時だと先方は仕事中のようです。ラジコン素人で勉強しながら部品購入から少しづつ初めています。完成、飛行機楽しみです。

onoさん、コメントをありがとう。
よかったですね、うまく購入できて。ニッチなジャンルは、国内では扱うショップのなかったりして既製品を手に入れるだけでも初心者はリスクを覚悟して海外からということになります。でも、そうやって手に入れたモデルからは、多くのことを学べることになります。
初フライトが成功したら、また報告してください、楽しみにしています。

栗田さん、初フライと出来たら報告いたします。羽ばたき機の飛行機に魅了され、一日一回はYouTubeで飛行を見ています。練習した後、海岸で風に向かいホバーリングするのが楽しみです。全くの素人で部品の選択から組み立て等楽しみながら進めて行きます。アドバイスをお願い致します。現在、台北出張中です。

羽ばたき機はメンテナンスが必須です。SlowHark2は軽く構造が単純でよい機体ですが、翼の基部(クランクと主翼のカーボン支持金具との結合部)が弱く、そのうち壊れます。壊れた場合は作らないといけませんが、私が新しい丈夫な基部を作ることもできますので、相談ください。図面なども差し上げます。

皆さまのアドバイスを頂き、送受信機、サーボ、ESCなど部品も購入し揃いました。来週にはSH2を固定た状態で羽ばたかせたいと思います。壊れたら又アドバイスをお願い致します。

最初に羽ばたかせるときの注意:
1)SlowHark2には、翼を滑空位置でギアを固定するためのラチェット(爪)がついています。ギアの回転方向はこの爪が引っかからないように時計方向に回転させます。最初に羽ばたかせるときはこのラチェットが働かないように機体を上下反対にして軽く羽ばたかせ、ギアの回転方向を確認してください。もし、固定された状態でスロットルをあげるとESCやモーター、バッテリーがダメージを受けます。2)GLDAB(滑空装置)は最初はつけないでください。十分に飛行できるようになってから装着してください。

Protoseni’s Orni のOrnithopter-Bird 入手しました。
 過日角田さんから入手方法や販売会社についてアドバイスをいただいたので、シンガポールのYovi氏にメールしたところ大変親切に好意的に対応してくれ、代金振込から12日目に届きました。(Orniでの組立期日も含め)
 この間、機体に関する事やPayPalでの支払い方法などの質問で10回以上メールのやり取り(英文)をしましたが、いづれもその日のうちに回答をもらいました。
 機体には、受信機・バッテリー以外はすべて取り付け済みです。
 Glide Controllerは別売ですが、取り付けてもらいました。
 今のところ入手したばかりで、翼を取り付けただけで Glide Controllar のセッテングもしていないため、まだフライトはしていませんが、Yovio氏の対応が良かったので
お勧めです。

 Omith0pterのラダーが効きません。
サーボも完全に作動し、尾翼も傾きますが、飛ばすと左右の旋回ができません。
 エレベーターの上下角も規程の25度~
30度にし、その後角度を変えてフライト
してみたのですが、変化がありません。
 どなたか対策を教えていただけませんか。

このメーカーの羽ばたき機にも効果があるかどうかわかりませんが、重心位置を後ろに移動(バッテリー搭載位置を最後部へ)し、尾翼のコントロールが利き始める位置があるか確認してみてください。
エレベータ/ラダーの舵角設定を140〜150%にするように取説には書いてありましたが、着陸の際、サーボのギア欠けが起きやすくなるので注意が必要です。

 栗田さんアドバイスありがとうございました。
 説明書の重心位置ですと頭がさがりますので、バッテリーをだいぶ後ろに搭載しましたが、最後部へ移動してみます。
 羽ばたき機は初めてですので、飛行機やヘリの感覚と違うため苦労しています。

昨日栗田さんからアドバイスをいただいたように、バッテリーを最後部へ搭載し、サーボの舵角をを138%(私のプロポでは140%が最高)にして飛行したら少しラダーが効くようになりました。
 再調整したいと思い、いったん着陸させた際、機体と主翼の取り付け部分(機体の主翼作動部分に主翼のバーを差し込んでイモねじで止めるようになっています。)が根本から折れてしまいました。これで折れたのが2回目ですので、この部分の補強も何か考える必要があるようです。

実機を拝見していないので、予測でお話すると、材料のカーボンロッド?の材質が悪いのではないでしょうか。
可能であれば、同じサイズの上質(堅牢)なカーボンロッドに差し替えることをお勧めします。私が飛ばしているGlide Hawkでは、そのような故障は起きていません。ご検討を。

あと、考えられる対策(尾翼の舵の効き)としては、主翼の迎角を変えてみる(後縁側を数ミリUP)ことがあります。お試しあれ。

ラジコン技術11月号に、電子制御と自作パーツでリアルに再現「羽ばたき機の魅力」--という題で私の羽ばたき機たちが紹介されます。ご覧ください。

2012年11月10日(土曜日)AMに(予定)、第23回帝祭 (帝京大学 宇都宮キャンパス 模型飛行場)にて私が作った羽ばたき機のデモフライトを行ないます。
Flaptter19、Falcohobby22iV、NightFuryBaby23iV,Seagull24iV,Dsungarypterus5-7V,Tetrapteron12の6機を予定。興味がある人はどうぞ。多くの人の前で羽ばたき機を飛ばすのはこれが初めてで、宮城から羽ばたき機がでるのも初めてです。
詳細は以下:http://homepage2.nifty.com/smark/Habataki.htm

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント