国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« 小型グライダー用 Wing Servo | メイン | Spektrum DX10t 発売は春? »

2010/12/20

コメント

こんにちは、世話役のおかげでプロポセッティングもすぐに終わり、何度も飛行を楽しめました。練習機として買ったRadian proですが、サーマルにも乗れてのんびり飛ばすことの出来る機体だったのは、うれしい誤算でした。
グライダーは首と腰に負担がかかることも、初めて知りました(笑)

そうか!!
世話役の寝そべったスタイルは「腰痛対策」なのね。
サーマルハントはスロープに比べるとのんびりできて、その結果、飛行時間が長くなるけど、スロープは集中が3分でヘトヘトになります。
風速10mでは目から涙も出てくるので、ゴーグルが必須かも。プロポカバーもね。

しっかりXENO初一投目の飛んでもない状態が記録されてるー(笑)
撮られていることに気がつかないくらい緊張してましたね。いったん上がっちゃえば楽ちんな機体ですがXENOは自力発航に2度も失敗したことになるので、少しトラウマ状態です。大馬力プッシャーはプレッシャーが大きいです。

この写真を撮って送ってきた世話役の親心なのかな。
鳥羽さんもこの手の飛行機の発航はうまいのですが、自分の初フライト機で余裕がなかったのか、ヘルプはありませんでしたね。
練習飛行できるタイミングが少ないでしょうが、トラウマを残さぬよう、うまいトラヌタのラッチスタイルをつかんでください。

世話役で~す、motoさんのRadian pro飛ばし易くて、サーマルにも良く乗りバタフライを使用した着陸も良い感じ。
何よりバタフライ時のエレベーター・ダウンセッティングもかなりの低速で煮詰める事が出来、自分の3B機のセッティングの良い勉強になりました。
motoさんの操縦技術、精神的な成長が嬉しい1日でした。

世話役さま、ごくろうでした。
今回もみんなの楽しい表情を見ることができて、よかったです。
1つだけ質問があります。
写真の青空、グラデーションがきつく出ていたのですが、カメラ側/撮影時に何か設定していますか?
あのカメラ、いや、どのカメラで撮影したんでしょう。気になります。

パナソニックDMC-GF1ですよ~
iAモードで撮りっぱなしです、画像加工も殆んど無しで、サイズを小さくしただけです、意外とコントラストが強くアンダー目の感じで屋外感があるかな~と

空(そら)以外はすごくいいのですが、あのグラデーションはひどいと思いました。
カラーパターンのテスト撮影などしてみる必要があるかもしれませんね。ベタの色階調処理がずいぶん粗いiAです。気になるな〜。

motoさんが事前に真面目に設定しているのに比べて私は重心位置だけ合わせてあとは現場でいいやという調子でしたが結果に如実に現れてますね。
今はPCM9XIIの設定中です。
ネットをいろいろ探しまわってみましたが、みなさん違っていて参考になったりならなかったりします。
基本的にモーターはOn/Offで十分だと思っています。
サーマル工房さんのblogにあるASK-21のセッティングが自分には合いそうです。

鳥羽さん、HPも拝見しました。
私はフラップの設定を加えているので参考になるのかわかりませんが、設定の詳細をメールでお送りしておきました。不明な点は質問してください。
Jr.SもmotoさんのRadian proに劣らぬ、いい飛びをします。のんびりやりましょう!!

全翼機はヨー安定が弱いので手投げが難しいです。
人間の体の構造上、右投げの場合
普通に投げると必ず上から見て左回転がかかります。
ですから、このような機体はわざと右回転をかけるつもりで投げると真っ直ぐ投げられます。

慣れないうちは先端にフックを付け、
ゴムひもで発航した方が安全でしょう。

実験工房Sekiai さんおひさしぶりです。今回の件で平地からのピュアグライダー向けバンジー発航が気になり検索していたら、そちらのサイトに行き当たりました。できるだけ接地撤収保管が楽な方法は無いかと探っています。XENOだけなら翼の中程持ちで全開にしてからそっとまっすぐ押し出せば行けそうなビデオをいくつか見たので、今度はその方法を採ってみたいと思いますがコツをつかむまで機体がもつかどうか(笑)

ショックコード(バンジー)を杭を打って固定する場合は、
しっかり打ち込まないと自分に向かって杭が飛んできますので注意してください。(^_^;)

私の場合、端にキーホルダー用のロック付きフックを付けて、
枝や太い草に巻きつけて固定しています。
杭を使うより簡単で安全です。

巻き取りは薄いベニヤ板を使っています。
リールより場所を取らずに収納できるからです。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント