国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« Mark Drela 教授のレポート | メイン | Super Alulah 2m »

2011/11/23

コメント

「幽体離脱」とか言っている「あれ」ですね。
以前youtubeにホテルの窓から発進し、道路に沿ってフライトして戻ってくる映像がありました。
そのうち日本でも「機体を見ないでフライトする」輩が出てくるだろうと思っていました。
テレメトリーの問題が解決しているので、機体側から映像を送信するのもすぐに合法化されるでしょう。
後は「モラル」の問題でしょうか。

実際にFPVを体験してみましたが、パイロットビューで操縦するRC飛行機の感覚は、これまでの「いって/こい」の左右が入れ替わることもない、新しい世界でした。実機と同じような視界でも、パイロットが搭乗していないため、馴れると大胆な操縦になる人もいるようです。
操縦できる範囲が限られているこれまでのシステムで、テレメトリーを使ってFPVをやる場合でも、ルール化や競技設定は必要だと感じます。高度なシステムを利用するわけで、ユーザー責任としても、しっかりマニュアルを読んでお勉強を済ませ、最後はモラルに任せるということでしょうか。
モラルがなくて事故ったり、河川敷から追放されたクラブを関東ではいくつか見てきているので、この新しいシステムもうまく発展できればいいのですが。

日本の場合、上空飛行許可ってとるのがすごく大変なイメージがありますが。rcシュミレーターで機体追尾視点で操縦してみたことがありますが、すごく飛ばしやすかった感じがします。まして小型電動機でそれができたら・・。自宅の窓からちょっとフライト、とかできるわけで。まさにドラえもんの世界ですが、しずかちゃんのおふろをのぞくノビタくんのようなやからもでてくるわけで、よくかんがえると怖いですね。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント