国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« KST DS125MG サーボ テスト報告 | メイン | Flying People in New York City »

2012/01/30

コメント

この動画が、「パイロットビュー」を使わずに撮影されているのには驚かされます。
私も「飛行場」や「スロープ」で空撮をしたことはありますが、「ラジコン機を飛ばせる場所」は大変限られていると思います。
地権者や管理者に「許可」をもらっている人もいるようですが、なかなか面倒なことだと思います。
同じ場所ばかりでは、すぐに飽きてしまいます。
ずばり「テーマ」が無かったのですね。

機首や主翼の壊れ具合の進行が映っていて苦労がしのばれます。操縦する人も含めてまさに身をはったビデオですね。綺麗な景色だけでなく確実に良いカットを撮るための操縦者の位置取りが、ラジコンをする者からみると非常に面白いです。手作りらしき送信機もとても素敵です。

彼が携わったムービーはYouTubeの他のアカウントでも数多くみつけることができます。
スイッチの容易な低価格入門機を使いきってますね。エルロン装備に改造?してあるみたいですが、とにかくいいカットを撮影するためのライン取りは勉強になります。
送信機はドイツの小さなメーカー製で、検索するとURLはみつかるのですが、現在つながりません。いろいろな種類の送信機をつくっているようなので追っかけます!!

Becker-Fm つながりますよ。
http://www.becker-fm.de/

motoさん、佐渡からはつながりません。
ブラウザーをいろいろ替えてもだめ、Winマシンでもだめ。これはネット接続の問題ですね。前にもYouTubeにまったくつながらなくなるエラーを経験しました。ルーターの設定をかえて治ったけど。また宿題が・・・。

私も何度かRC空撮を行ったことがありますが、
何を撮りたいかを明確にして撮影しに出かけないと
後から見て魅力的な画にならないですね。

普通はどうしてもいつも飛ばしているフィールドを
カメラを積んで往復するだけの画になってしまいがちです。

これらのムービーでは
木々の間やトンネルを抜けたりしていますが、
実際にやってみると想像以上に難しくリスクが高いです。
理由は、侵入コースに入れるまで
機体が木やトンネルの影に隠れてしまうことが多く、
ロストの危険が高いためです。

経験上、静止画の場合はできるだけ高高度から撮影し、
動画の場合は対象物スレスレを飛行すると良いようです。

此のカメラ最近よく見かけますよバイクライダーがヘルメットの横に取り付けて何気にってね。タクシーも社外と室内に装備してある時代なので何だか?クワッドで追跡画像撮影が海外で流行っているのでしょうか、情報ページで『空飛ぶ人型ラジコンが三体』などとリアルな画像が飛び込んで来ました。見られた方も居られるかもですがご紹介メールしておきますね。

どうもありがとう。
コメントUPとほぼ同じタイミングで人型ラジコン三体の記事、UPしてました。

Sekiaiさんも一時期、空撮されてましたね!!
最近はオープンエアの乗り物にどっぷりのようですが、そちらも見応えあります。
どんなマニューバリングも地道な訓練と情熱が必要ですね。

先程のURLコピペ出来たのでリンクに貼りました上手く見れると良いのですが···

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント