国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« MultiWii | メイン | Stringbike »

2012/02/25

コメント

 写真の機体の製作者の名前は忘れましたが、ロシア人でありながら、世界選手権にはスロベニア代表として出場したとか。理由は、ロシア代表になるのは非常に難しいためとのことですが、そう簡単に他の国の代表になれるのか、本当のことは分かりません。

 彼は仲間から「ミスター・カーボン」と呼ばれるくらいにカーボンのスペシャリストで、オールカーボン製のF1C機を作ることが出来ます。ラジコングライダーなら特に驚きませんが、軽量で強度のある機体を作る技量を持っているからこそなせる業でしょう。この機体はおそらくフラップ翼(Flapper)ではなく、折りたたみ翼(Fold Wing)に分類されると思います。一般的な折りたたみ翼は、翼端上反角部で下側に折りたたんでスパンを半分にするものが機構的に完成され、世界世界選手権でも優勝できるほどの高性能ですが、このように推進方向に折りたたむ方式を彼が最近開発したのでしょう。アイデアは昔からあったのでしょうが、カーボンの登場で初めて実用化されたのでしょう。従来タイプの彼の折りたたみ翼機は、昨年のモンゴル大会で彼が飛ばしていましたが、軽量化が難しい水平尾翼までも、フィルム貼りではなくカーボンとスチロールを組み合わせた、真っ黒な「カラス」のようなF1C機でした。本当は炎天下で競技するので、真っ黒な機体は表面温度が上昇して良くありませんが、機体全面にペイントを施すと重量が重くなるので仕方ないところもありますが、「真っ黒」を強調したいという意図があるのかもしれません。

 折りたたみであると同時にフラップ翼でもありましたので、もしかしてこの写真の機体もフラップ付かもしれませんが、この折りたたみの方法では、フラップ機構を付ける意味があまりないように思えます。ともかく、過激なまでに進化して行く種目ですね。

詳細なコメットをありがとうございました。
あらためて確認してみるとFLAPPERではなく、FOLDER機でした。
タイトルを修正、ムービーもみつかったので追加しておきました。ロケットスタートのムービーを見て、FOLDER機の意味が理解できました。それにしても、ますます個性的で奥の深いFF機に魅了されそうです!!

技術的なこととは全く関係ありませんが、紹介してある動画のうち、上の動画のFOLDERの次の次に出てくるタイトル「Free Flight World Championship F1A,B,C 2011」は昨年のアルゼンチン世界選手権の開会式のものです。フリーフライトに関係することとして紹介しておきたいことがあります。スペイン語は分からないのですが、主催者が教えてくれました。
開会のスピーチの中で選手達が拍手をする場面があります。その理由は、断片的に「2005」、「F1C」、「KANEGAWA」、「CROATIA」とかの単語が聞き取れると思いますが、「震災で出場を断念した日本チームは、クロアチアで獲得したとても大切な優勝カップを2005年のF1Cチャンピオン(アルゼンチン大会)であったKANEGAWA(団長)が自らアルゼンチンまでトロフィーを運んできた」とスピーチしたために、スペイン語が分かる選手達から拍手が起こったのです。面白くもない開会式の動画ですが参考までに。

そのお話はどこかで読んだことがありました。偶然、そのムービーにつながっていたとは驚きですね。コメントしていただき、あらためて拝見しました。ありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント