国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« Pioneer III | メイン | PROJECT FALCON »

2012/03/19

コメント

良い物が出来てきましたね、こういった理想のものを少量でも量産レベルで製品化するシステムを見習いたいです。サイズもDX7などとほとんど変わらないようなので、厚すぎるとか大きすぎるもなさそうです。ひとつ気になっているのが、プログラミングの方法でUSBのみでできるのか、別売しているプログラマーを購入しなければならないのかが、ページからは旨く読みとれませんでした。もうすこし読み込んでみます。日本で使用する場合はFRSKYがメインのRFモジュールになる可能性が高いと思いますが、安定稼働させることができるかが気になっています。

いろいろと関係するサイトを見回してチェックしましたが、初期ロッドに組込まれるはずのソフトウェア仕様やマニュアルなどが、まったく公開されていません。
開発環境についても同様で、大御所のリンク先はいろいろ出てきますが、具体的な部分がまだ公開されませんね。
少し前の発表に基づいたスペック詳細を掲載しているページは、Linux Devices.comにありました。
http://www.linuxfordevices.com/c/a/News/Gizmo-For-You-OSRC/

Features and specifications for the Control Unit prototype are currently listed as:
• Processor -- Gumstix Overo Earth or Overo Air, both at 600MHz or 720MHz clock rates, depending on the TI OMAP3503 (Cortex-A8) SoC model used
• Memory -- 256MB or 512MB of DDR RAM; 256MB NAND flash
• Flash/storage expansion -- microSD slot
• Display -- 4.8-inch AMOLED or LCD display with video streaming support; secondary, smaller status display with "touch & backlight"; optional removable main display
• Wireless communications:
◦ 2.4GHz or 900MHz RF modem (two-way) with high-speed encryption; 10 to 40-Km (6.2 to 24.9-mile) range
◦ GPS
◦ Bluetooth (Overo Air model only) for optional external thumbstick controller
◦ Wi-Fi (Overo Air model only)
• Controls:
◦ 16 channels (up to 40 in some configurations)
◦ interchangeable functional switches
◦ function buttons
◦ analog stick and navigation controls
◦ replaceable and upgradable "switch to pot" and "stick to stick"
◦ optional RPM meter for multi-blade systems
◦ self-actuated, self-correcting sticks with learning feature
• Battery -- 2200 - 3300mAh lithium-polymer battery with internal charger
Features and specifications for the OSRC receiver unit are said to include:
• Processor -- ARM processor (undecided)
• Memory expansion -- microSD slot
• Wireless -- 2.4GHz RF modem; GPS
• Controls and sensors:
◦ 16 channels (up to 40 in some configurations)
◦ onboard servo mixing
◦ accelerometers
◦ gyro
The Linux-based user interface on the control unit is said to offer the following features:
• complete, free switch customizing
• channel mixing
• camera control for UAV or quad-copter video capture
• onboard video preview, direct from vehicle
• real-time sensor display from model
• potential 3D simulation and tracking software based on sources such as "Street Maps and/or Linux based UI's for GPS tracking"
• standard RC features, including exponential, mixing, model type, settings transfer, etc.

栗田さん、今晩は…
良いタイミングで来ましたね…
もう、グライダー パイロットさんには
絶賛! 早く手にして飛ばしたい!
でしょうね。ロイヤルEvo以来のSW類の交換が
お好みで出来る(肩Module)も仕様がイメージに
ピッタリです。送信機モジュールも各社共有出来るところが泣かせます…親切で合理的な設計!
欲を言うとFrskyも良いですが DSM2も欲しい…
FPVも視野に入って…もう至れり尽くせりの
万能でお腹一杯です(お休みなさい)


まだヨーロッパ限定販売が始まったばかり、内部のソフトウェア仕様が発表されていないので気になるところです。公平な運営が進めば多くのリクエストが反映される理想的な送信機が開発できそうですね。
kaka3のAT-99の初飛行も期待しています!!

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント