国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« ラジコン・グライダーのすべて | メイン | JR HAND LAUNCH GLIDER CONTEST 2012 »

2012/07/12

コメント

何と言う素晴らしい羽ばたき機でしょう!
飛行姿勢がアップアップすることなく、
飛んでいる姿が大変美しいと思います。(^ω^)

ただ、自作というイメージを完全に超えています。
これは間違いなくプロの開発屋さんの技ですね。
真似したくても出来ませ~ん・・・(^_^;)

2号機無事に飛びました。
個人的に相当良くなっていると思いますがどうでしょうか?
http://youtu.be/fgg4XMAdng0

後は滑空がうまくいけば二号機はひとまず完成となります。
ちなみに、動画撮影の後、3セルで飛ばしたらギヤが破損しました。
現在3セルで動くように改良中です。

PS. sekiaiさんのサイトは一号機の製作でかなり参考になりました。
特にEPPの取扱方が詳しく記載されていたので翼の製作がスムーズに進みました。
サーボの羽ばたき機も一見飛びそうなので試してみましたが難しいですねorz

ムービー、拝見しました。
2号機の初飛行、成功しましたね!!
おめでとうございます。
個人的には、最初の120mA2セルバッテリー搭載で、軽く、ゆっくり上昇していく飛び方がいいと思いました。しかし、製作者もしくは操縦者としては、もっとパワーのある3セル仕様で成立させたかったとか。
enPower1804-2700モータは3セル対応なのでしょうか。インドア機の経験から、全備重量166g機のトータルなバランスを考えると2セルがベストマッチングのように思います。
いずれにせよ、1号機よりは飛びも安定性/操縦性も数段向上しましたね、操縦がうまくなりました、すごい。
Smartbirdもそうでしたが、Hashimotoさんの羽ばたき機はしっかりとした翼型を前縁側に設けているので、これまでのコウモリ型羽ばたき機より、はるかに滑空性能はいいだろうと期待しています。

120mAhで3分から4分飛行できるので十分楽しめます。
モーターの出力を下げるとびっくりするくらいのスローフライトです。

そう言えばモーターは3セル対応しているのかな?
3セルの力強さも魅力的ですが、一番の理由は強度にマージンを持たせたいからです。
2セルで飛ばしていると分からないボディーの弱点が色々見えてくるので。

今回もギヤが破損しましたが、これはギヤの歯に問題があるのではなく、ボディーやギヤがゆがむために起きた現象ということが分かりました。

部品の強度計算まで出来ないので壊れるまでやらないと強度の限界が分からない(^^;)

滑空のためのモーター制御はGLDABで十分なのですが、より小さい米粒マイコンで自作しようかと思っています。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント