国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック

Access counter


  • ブログパーツUL5
Powered by Typepad

« KERR BOAR | メイン | Flightradar24 »

2013/01/15

コメント

掲載ありがとうございます。TB30とFushimiBirdから大きな影響を受けました。現在多用しているTurnigy 1811 3800kv ブラシレスモーターを使った120-140gの大きさの羽ばたき機を、大きさはそのままで軽量化して小さなモーターで飛ぶかどうかの実験でしたがOKでした。関節がある翼の開発も進み、大きく前進しました。GosHawk26iVの次のステップは関節がある翼の製作です。関節がある翼の羽ばたき機では153gのSeagull24iV-4がSmartBirdと同等かそれ以上の飛行性能を得ることができました。
http://www.youtube.com/watch?v=EX3-1JNSoXI

Articulated wings機能が付いた羽ばたき機の開発も拝見しています。
驚くのは製作/改造のスピードが早いこと。それと使用可能なパーツのチョイスでも教えられることが多く、参考にしています。

素朴な質問ですが、DidelのM0.3ギアと真鍮のピニオンギアを組合せた2番目、3番目の加工は、どのような方法でシャフトを固定されているのでしょう。圧入しているだけですか?

DidelのM0.3ギアの内ギアの出っ張りを削り、中心の穴からGWSM0.3 12TPinionGearの大きさより少し小さく穴を開け、ギアを押し込んで瞬間接着剤で固定。シャフトは1.4mmピアノ線を差し込んでいるだけです。摩擦で真鍮のギアが磨耗するので1回取り替えました。メインのGWSM0.3 82Tギアは内径が3mmですので、外径3mm内径2mmのアルミパイプ、外径2.1mm内径1.5mmの真鍮パイプを差込1.4mmピアノ線をシャフトに使っています。Dideギアだけは負荷が大きすぎて欠けてしまうので、この方法を使いました。

以下にArticulated WingsによるGosHawk26iVの飛行をUPしました。
http://www.youtube.com/watch?v=kDEBFq7jX_Y

角田さん、工作方法を詳細に説明いただき、ありがとうございました。早速、試してみるつもりです。
GosHawk26iVのムービーも拝見しました。いい感じの羽ばたき周波数で、一瞬、角田さんが鷹匠に見えました!!
いつも撮影役をされている息子さんのご苦労にも感心しています。これからも開発報告を楽しみにしています。

ラジコン技術3月号に「羽ばたき機の原理と作り方」という題名で、記事が載ります。
興味ある方は見てください。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント