ysfc.weblogs.jp > 第45回F西多摩飛行会

« 第45回F西多摩飛行会へ戻る

01.永野さん

01.永野さん

永野さんの成功したGee Bee Zを実際に見ようと、ペーパークラフト工法担当の大江さんも見学されました。実機のGee Bee Zを手にとってみた大江さんは、あまりの軽さに驚いていました。搭載されたメカも含め、全体がうまくバランスしているから飛行できているわけですが、この機体のバランスのしかたはゴム動力で飛行するピーナッツ機などとは違った次元で成立しています。滑空がメインの紙飛行機でも、機体の強度や重量はかなりあるのです。あえて言えば、インドアのウルトラ・ライト・プレーンの領域に近いのでしょうか。
大江さんもこれまでの丈夫な機体製作の考えを変え、最低限必要な強度を維持しなければならない部分を除き、なるべく部品を省き、軽量に製作してみる考えになったようです。
高発泡のスチロールを1〜2mmにスライスし、タトゥーシールに似たミラクルシートを使ってカラーリング&マーキングを貼り付ける予定です。
このシートを大江さんの組立技術でどこまで軽量に完成させることができるか楽しみです。以前に鈴木さんが完成させたFOUND機に似たコンセプトになってきました。
FOUNDも12gくらいで完成できたら、ずいぶん飛ばしやすいことでしょう。

個別ページ