« フランスから届いたスペアキー | メイン | 中島モータース物語 01 »

2004-11-11

コメント

アラン・ケイが日本で初めてのMacWorld Expo Tokyoの基調講演で来日したとき、展示会場内にいたアラン・ケイを見つけ写真を撮らせてもらい、握手をした。手のひらはとても肉厚でした。

お互いに、歴史上の人物に触れた体験があるということになるのでしょうか。
まだ自分の中では、真のダイナブックは現れていないようにも思えるのですが。

MacPaint で描かれたアラン・ケイの肖像は Setsu とあるから、阿部摂子さが描かれたものと思いますが、お元気であらせられるのかしら。

この記事へのコメントは終了しました。