« 田中未知  質問  | メイン | 洋裁の時代 母のミシン »

2004-11-02

コメント

武満徹!!
栗田さんのCD、聴いてみたいですね。
ところで、栗田さんは何を弾いていたんですか?
キーボードのような気もする・・・・、いやいやギターでしょうか?

ギターです!
レコーディングのときに武満さんから「どうやって作曲してるんですか?」ってきかれました。私はギターと数種の民族楽器しか演奏できないので「ギターで・・・」と答えると、「このメロディーはピアノではできないよね」と微笑みながら曲をほめてくれた思い出があります。
CDはまだ買えるはずですが、大型店に行けばあるかな?

ギターですかぁ。
僕もギターは大好きです。
人前で弾くというほどではないのが残念ですが・・・。
CD探してみますね。

「このアルバムは・・・みせかけの階級区分をうちくだく」という武満徹の賛辞は極めて暗示的ですね。

この時代、小生は解らぬままにイギリスの SOFT MACHINE などを勧められて「頭」で聞いておりましたが、その後違う友人から QUICK SILVER MESSENGER SERVICE を知らされ、体と脳みその芯で聴ける音楽が好きになりました。

武満さんはフォーク系のミュージシャンとの付き合いが多かったようですが、ロック系からはあまり慕われなかったかな。お話しするとけっこう過激だったんですよ。

あの時代は情報も少なく、みんな解らないまま聴いていました。英語の歌詞を翻訳していた奴なんてあまりいなかったし、感覚で理解したつもりになって知ったかぶりをイギリス人やアメリカ人の友人に質問して確かめていたけど、彼らもよくわかっていなかったです。
サード・イヤー・バンドのグレン・スウィニーと数日間過ごした経験は自分の世界を広げました。

Amazonで買えます。

あまぞん で ワンクリックしました。
来るのが楽しみ。

本当にお買い上げとは!
聴いて驚かないでくださいね。
これでまた印税が・・・。

さきほど「あまぞん」から届きました。
届いたのは「Q盤」というシリーズの廉価版で
残念ながらジャケットの裏の「¥2,200」というのは再現されていませんでした。
CATサイドとDOGサイドというのが良いですね。
加藤和彦のソロになっての一枚目と二枚目くらいの空気を感じました。
曲によっては頭脳警察かなあ。うーん、ビートルズの「あれ」みたいなのもあるし・・・・。

ちなみに「あまぞん」の在庫、最後の一枚でした。

最後の1枚とは、運命的ですね。
このQ盤CDは1995年発売。ユニバーサル系からは紙ジャケ版も発売されているようですが、私はどちらも持っていません。
ビートルズぽいのは弟、頭脳警察みたいなボーカルは灰野敬二、それに青森のゴリさんとかいろいろなカラーが収録されています。
途中で聞こえるはずの飛行機の音は、今でも横田基地で飛んでいる米軍の輸送機です。
たぶん、日本で一番最初かとおもうのですが、メロトロンというテープレコーダのオバケみたいなキーボードを使いました。
しばらくしたら、もう1度聴いて下さい。
じんわり効いてくるはずです。音の魔法が!

この記事へのコメントは終了しました。