« 情緒ロボットの世界 | メイン | Ben Harper »

2004-12-22

コメント

そういえば、まだ米軍立川基地があったころ誘導灯が国電中央線まで伸びていましたね。カーゴマスターとかグローブマスターが降りてくるときなど、電車にぶつかるんじゃないかという感じでした。いま横田基地に着陸する航空機は南大沢の都立大の真上を通過してゆきます。来年で戦後60年、いまだに多摩地区の制空権は米軍が握っています。

制空権。
独特の響きがある言葉です。
ベトナム戦争がまだ終結していなかった1970年代はじめに、この周辺の空には多くの戦闘機が飛来し、空気をかきましていました。
静かになった今でも、空の道の自由は戻っていないため、地元の子供たちに空への憧れはあまり芽生えていません。
でも、そんな真空地帯がなんとなく居心地がいいように感じられて、すでに30年以上住んでしまっています。

OLYMPUS E-300の使い始めの写真になりました。
このカメラの特長でもあるコダックブルーの空、それに弱点である横方向にジャギーが出やすいことを確認できました。

五日市街道を福生に向けてすすんでいると
急に雰囲気が変わりますね。
夜だと二枚目の写真で写っている「ヤツ」が光っていて
未知との遭遇バリだった記憶があります。
そうそう、家人がかつて16号沿いの雑貨屋さんで働いていたことがあって
帰りが遅くなる時には五日市街道を車で飛ばして迎えに行っていました。
そんな時の記憶です。

この記事へのコメントは終了しました。