2012年1 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by Typepad

« ゴリ 音具作家 | メイン | Federleicht »

2005-01-23

コメント

初めまして masaさん(Kai-Wai散策)のBlogでこのサイトをしりました 密かに拝読させております 自分は10年ほど前まで模型店をやっていましてモーターに触れることも多かったのですがモーターの軸に一度かしめて取り付けたピニオンギヤを取り外すときに取れなくてモータを壊してしまったことがありました (無骨でしたので力任せに・・) これを知っていればな~と思い起こしながら読ませて頂きました 20年ほど前になりますか、イモネジといえばそれまではL型レンチで締めたりゆるめたりすることが通常と思っていたのに工具屋に立ち寄ったときドライバー型のレンチやバネのようなフレキシブルのレンチがあることなどを知らされ、当時ヘリコプター(模型)の製作などには非常に役立ち、良い工具は良い仕事には欠かせないと実感したことがありました~

kenさん、はじめまして。
模型店をやっていた方にこのようなコメントをいただき、恐縮しています。
道具を考えるのがうまいのはアメリカ人だけではないはずですが、ホビーの世界では彼らのビジネスの早さに驚かされます。
最近はチェコの活躍が目立ちますが、日本人も本来は器用な民族のはず。
団塊の世代が大量リタイアしたら、このようなクラフトマンシップのジャンルでもがんばってほしいですね。

はじめまして。
こういう道具があるはずだ、と思いつつネットで検索していて
このサイトにたどり着きました。参考にさせていただきました。
ありがとうございます。

中川製作所って不思議な活動をされていますね。
N君のためだけの製作所、アトリエ?、工房??
ブログから独特な雰囲気が伝わってきます。

ピニオンギア抜き器のおかげで楽しい出合いができましたね!

この記事へのコメントは終了しました。