« Federleicht 2 | メイン | 本をつくる 「ブログを続ける力」 »

2005-03-13

コメント

サフラン色はジャンヌクロードのヘアー(髪の毛)とカラーコーディネートしていたのだ。

この番組は僕も観ました。
クリストの考えの変化がよく分かる番組でした。
それにしても、あのサフラン色は綺麗でしたね。

番組でクリフトは作品のドローイングはもちろん、使われた材料もカットして販売し、かかった製作費を捻出すると言っていました。
値段によっては、サフラン色の布端を購入して「The Gates」と名付けた飛行機でも作ろうかと思ったのですが、どうも今回は販売しないようですね。

この記事へのコメントは終了しました。