2012年1 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by Typepad

« 梅雨入り | メイン | Toga »

2005-06-12

コメント

こんばんは。
きれいなアレンジ.......流石!(ちなみにMakoさんのCDは2枚くらい持ってます)
GBはほんと、すごいソフトですね。私もいぢり始めてますが、なかなかいいのができません。

こんにちは
僕のアイデアで遊んでいただいて光栄です。
おお、ガレージバンド、ってすごいですね。
T-34を作っている場合ではない・・・。
http://landship.sub.jp/stocktaking/archives/000782.html
栗田さんは長調で展開してくださっていますが、なかなか良いですね。
もちろん「想定内」ではありません。嬉しい「予想外」の世界がありました。
そして、流れてくる音を耳にしながら
様々なメロディが浮かんできます。
これは、やはり、一度、興味を持った人で集まって
セッションするのがいいかと思いました。

書き忘れ
中学でなくて高校の時に作ったアイデアです。

まだ短い時間しか遊んでいないのでこの判断が的確かどうかはわかりませんが、AppleがGarageBandという名前をなぜ付けたのか、わかる気がしました。
バンドやセッションを経験している人と経験していない人では、使い勝手の印象はまったぐ違うのではないでしょうか。
バンドに参加するミュージシャンでも、自分の楽器のリフを考えるレベルの方、最終的なアンサンブルをすべて頭の中で考えられる人といろいろです。
私の場合は、自分のイメージでもアンサンブルは考えられるのですが、とんでもない発想やイメージで音を出してくれるメンバーと音楽がしたくてバンドを組んでいました。
ループデータはまさにその部分を私に与えてくれる、そんな印象でした。

ameのフレーズにシンセコードとリズムを付けたら、いろいろな収まりや区切りがシンプルなメロディーに変化を与えるのがわかり、楽しかったです。

本当の楽器を使うセッションだけでなく、参加が可能なメンバーでGarageBandを使ったバンドを作っても楽しそうです。
heavier-than-airさんも何かループデータができたら聴かせて下さい。
楽しいセッションに発展できるかもしれません。

きっかけをつくってくれたfuRuさんに感謝しています。

この記事へのコメントは終了しました。