« 秋分の日 | メイン | 逝きし世の面影/ PB版 »

2005-09-24

コメント

こういう画像を見ると、Blogがあってよかったと思います。さもなければ、決して知らなかったことかもしれない。自然では飛ぶはずのない花と、飛ぶことを人間が自然から学んだ鳥たち。まったく正反対の位置にあるはずのものたちの、しかも小さな映像を少し見ただけなのに、どちらも同じように胸がドキドキさせられます。

「楽しむ」という行為を、こんなにステキに創造できるなんて、なんて粋なおっさんたちだろう。
自分もそうありたいと思います。
そして、私と同じように、わくわく、どきどきしてくださる方がいることをブログで確かめることができたのも同じようにステキに思います。
オランダの友人からはSkypeで質問攻めになりました。
「飛ぶ」ということの事実も、また新しい次元への扉を開く時代に入ろうとしています。

この記事へのコメントは終了しました。