2012年1 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by Typepad

« 家族のMac | メイン | カリンの実 »

2005-11-16

コメント

こんにちは。
嗚呼、懐かし! この本は中学生の時に買いました(74年版)。
哀しいかな(?)ヒッピーをやるには生まれるのが少し遅かったようです。
復刊もCDも知りませんでした。聞いてみようかな...........

こんばんわ、六尺さん。
この本のおかげで六尺さんのお歳がわかりました!
私もこの本がずっと売れ続けていたなんて驚きです。

CDはここで試聴できそうですが、Macではうまくいきません。
undergroundgallery
http://www.undergroundgallery.jp/shop/shop.cgi?class=0&order=&keyword=&FF=20&price_sort=

こんばんは。Pinapplifeから、こちらを知って時たま覗いています。「地球の上に生きる」は当時、福生界隈で生きていた女達にはバイブルでしたよ。私もほとんどの頁を実践しつくしていて、本がボロボロになって、もう一冊買ったほど。
ひとりでするお産、をするために、(当時私は瑞穂のジャパマーハイツにいました)油紙や消毒液を用意したりしていました。ダンナははちまきと扇子で応援団をすると言ってたのに、予定日近くなると周りの状況が変化してきて・・
結局、助産婦さんとこで産んだので、残念ながらこの項目だけできなかった、という訳です。

こーこさん、はじめまして。
スタートしたばかりのブログ「ぐわぁんばれ!フィフティーズ」を拝見しました。
元気な50代のエントリーに驚いています。
短い期間だったかもしれませんが、同じエリアに生活し、同じ時代の空気を吸っていたのですね!
アリシアから大きな影響を受けたに久しぶりに出会えました。
私がやったことは徒歩旅行、楽器づくり、ニット、農作業、お料理くらいでしょうか。

栗田さん、コメント頂きありがとうございました。
ご挨拶もせずにいきなりのトラックバック失礼致しました。
栗田さんのブログはなんとなく僕の興味のあることが多く書かれていて、いつも楽しみに読ませて頂いています。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

この記事へのコメントは終了しました。