« Dynamic Soaring | メイン | 塊 »

2006-01-28

コメント

はじめまして。
Kaidan 360OneVRは、私も一昨年の夏に購入し、かなりの頻度で使っています(最近は普段に持ち歩いてます...思いですが)。

何しろワンショットで水平360°、上下角約100°のパノラマ写真を1回の撮影でこなすので、動きのある場所や三脚を立てられない喧噪などにうってつけの機材です。またVR撮影機材の中では割とコンパクトなので、気軽な気持ちで撮れるのもイイ感じです。
但し中心部分をパノラマ写真の底辺部にムリヤリ伸ばすので、相当の解像度が無いとムービー作品にするにはキツイ...特に業務で使うには厳しいです。私が使っているカメラがNikonCOOLPIX4500だから、というのもありますが(苦笑)。あと、レンズ焦点から直近にあるパラボラミラーを撮影するので、かなりの被写界深度を撮る必要があり、絞った状態で撮影してもCCDのノイズが出ないことも大切なポイントです。
自分のブログのトップ画像は、ここのところずっと360 One VRで撮ったパノラマ画像です。この程度の写真なら、そしてVodeoPodcast程度の解像度(320×240px)なら、十分使用に耐えられると思います。

Kaidan 360 One VR に興味を持たれる方がもっと増えればイイなぁ、と思いコメントさせていただきました。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

二宮さん、はじめまして。
すでにお使いとのこと、しかも日々持ち歩いて撮影された映像を配信されているとは、すごい方と知り合うことができました。
こちらは古い装置がどれくらい使えるのか判断した上で新しいシステムを検討しようと調べ始めたところでした。
QTVR Diaryで紹介してくださっているエントリーは知らないものばかりです。
中でも180°球面のディスプレイシステム「VISION STATION」の存在には驚きました。
時間をかけて過去のエントリーもこれから拝見いたします。
よろしくお願いいたします。

この記事へのコメントは終了しました。