« Vital Force | メイン | RC Sim Book »

2006-03-31

コメント

初めての飛行機の本.......、どんな本なのか、栗田さんのたくさんのコンテンツがつまった本、楽しみですね。

本の執筆ごくろうさまでした。
缶コーヒーにGee Beeが付いてるって知りませんでした。
あわてて近所のコンビニを何軒か探し回りましたがありません。
埼玉ではないのかもと思い、都内に住んでる長男に電話したところ、私のGee Bee好きを知っている長男はさすがです、
もう買ってあるとのこと、ほっとひと安心です。

AKiさん:
内容はかなりラジコンしています。
読んで楽しい本ではなくて、やってみて楽しい本です。
それにMacユーザからみると「日本の土地問題」みたいに難しいWindowsパソコンを買わないといけません。しばらくするとインテルプロセッサ搭載のMacでもRCフライトシミュレータが走るようになるかもしれません。
最近は芝刈り機やスピードボートも空を飛び始めています。
タンクが飛び始めるのも時間の問題かと思いますが、そんなタンクはLANDShipとは呼べませんね。

岩井澤さん:
この本はあなたが目の前にいることを仮定して書き続けることができました。
完成したらお送りしますので「50の手習い」の参考書としてご利用下さい。

 ここにスカイマックスのことが書かれているとは知らず、シミュレータの方にコメントしてしまいました。先程、高専の同級生のYmnk君から電話をもらいました。彼がスカイマックスのGeeBeeを入手して、私に電話をくれたものでした。久々だったので、長電話になってしまい、妻への電話をキャッチホンで取り損ねてしまいました。目下、妻は長電話中です。

 自宅近くのコンビニでヒューズH-1を入手しました。
機体としてはメジャーなメーカからモデル化されていませんので、貴重と思います。
しかし、眺めていて何か変なこと気がしました。何とプロペラが逆ピッチになっています。
プロペラ全面から息を吹きかけると、右回りします。
GeeBeeは?と心配になって見ましたら、正しいピッチでした。
そうすると、本来、逆ピッチのイギリス機のDH88(何でマクロバートソン参加機ではないのでしょうか?)はどうでしょうか?
コンビニに走るつもりです。
 ダビンチの漫画のTVコマーシャルでレッドブルの日本発売(7・11)を知りました。
以前、メールしたレッドブル・エアレース・ワールドシリーズが来年以降、日本で開催される可能性が出てきたことになります。
レッドブルの日本HPにも、今年のエアレース・カレンダはアップされています。
 

コメットは逆ピッチでした。
他の飛行機はプロペラとは呼べないようなできかと。
レッドブル・エアレースはラジコン飛行機の世界でも話題になっていますね。
奇抜なレース内容を配信しているサイトなど、見たことがあります。

栗田さま。ごぶさたです、本日発売の「東京人」のビンテージ店特集に私の担当2軒が紹介されてます。まずは近所の都立大の「都立模型」(エンジン飛行機40年ほど前にいってた)ワーゲンビートルでお世話になってる「フラット4」です、ここは社長と知り合いです。近況はホームページをご覧下さい。

この記事へのコメントは終了しました。