« 香る春 | メイン | 武満徹 – 音の森への旅 »

2007-03-05

コメント

をっととと。こんばんは。
菊田さんのヴァイオリン。溜め息が出そうです。ギブソンのフラットマンドリンのコピーも作られていますけど、あれなんて、本家の10本分以上の価値がありそうですね。
ワタシは2月中には完成させたかったのですが、あれから一向に進まず。このまま(気持ちが)フェイドアウトしないようにがむばります。
ギター作る人は意外に多いですね。アマチュアでももの凄い人がいます。アメリカなんかは作る文化も発達してますけど、どうも日本はギター雑誌(楽器屋の広告でなりたっている)の影響が強すぎるからかどうか、フェンダーとかギブソンとかのブランド崇拝が根強くて、ギターは買うもの、になっているのではないでしょうか。

どうかフェイドアウトしないで完成させてください。
六尺さんがどんなお仕事をされている方なのか知りませんが、楽器製作に使われている工具など拝見しているとプロの方なのでしょうか。自家製石焼釜もすごいですよね。感心します。

昔、カテリーナ古楽合奏団の松本兄弟が福生に住んでいたころ、よく古楽器の製作を見学させていただきました。お兄さんの方はチェンバロ製作の職人でもあり、いろいろ教えてもらいました。工房って好きだなー。

この記事へのコメントは終了しました。