« 0.1gはシェフの味 | メイン | Make : bridge »

2008-10-18

コメント

栗田さんのこの記事を読んで
部品点数を減らしてゆくということの大切さを教えられました。
今までのノートブックとは、やはり一線を画すのだと思いました。

追伸
注文してしまいました・・・

fuRuさん、こんばんは。
宣言しましたね、うらやましい!!
もしかして、iPhoneも一緒かな。
私もいずれ今回のモデルに入れ替えるつもりです。

実は今回のMacBookをみていて
iPhoneもアルミ削り出しボディになるのではないかなと夢想しているのですが
どうでしょう??

部品コストが173ドルくらいに見積もられているiPhoneですが、分解された姿を見る限り、ボディをアルミの削り出しなどにする余地はないようです。
http://bptv.nikkeibp.co.jp/article/080711/080711833.html
基板を2枚から1枚に減らし、部品点数も軽減されていますが、実装密度は高く、アルミの肉が残る部分はほとんどありません。
今後、さらに小さなモデルの噂もあり、iPhoneに関してはどのよう方法でユーザーのセルフエコ化を図るのか、想像がつきません。でも、楽しみですね!!

なるほど
実は左記のコメントを書き込んでから
そういえば電波の受信感度を上げるために樹脂ボディが採用されていたことを思い出したのでした。
でも、小型化の話とかやはり話題が尽きないアイテムですね。

この記事へのコメントは終了しました。