« Endotoxin | メイン | 道具は使わなくては・・・ »

2008-11-28

コメント

こいつはスゴい、上質な写真が見られる。(演出が過ぎる、という評判もあるが、見て面白いですよね。嫌う人はスゴく嫌うようです。)
ライフ誌は新聞のオマケのようになっていたのに、それでも廃刊を選択させられたわけですよね。時代の流れ、でしょうか。
ちょっと覗いたところ、古いところでは、アメリカン・シヴィル・ウォーを題材とした写真をたくさん見ることができました。ただ、これは創刊前のものであり資料ということだと思います。

ところで、「1750年から現代まで」と書いてありますが、その年はヨハン・ゼバスチャン・バッハが死んだ年ですし、その頃の写真は存在しないと思います。一般論ですが、写真術は19世紀になって発明されたものとされ、実用的な写真としてはダゲレオタイプをその始まりと考えてよいでしょう。いわゆる銀板写真ですね、その後、銀塩写真となり現在に至ります。
「1750年」これって、どういう意味なんでしょうか。ご存知なら説明ください。

今朝確認したらオフィシャルページも1860年に修正されていました。
日本語で記事をUPしていたニュースサイトは、記事を削除しているという状況です。
私は写真の歴史の始まりの年代をまったく意識していなかったので、そのまま記載していました。
冷静に考えれば、iwamotoさんの指摘通りおかしな記述ですね。ご指摘、感謝します!!

この記事へのコメントは終了しました。