« 林の中の赤い実 | メイン | 北の光、消える »

2009-12-19

コメント

綺麗な形ですね。 出張先でメカに対して配線するときには、配管屋さんと段取りを打ち合わせます。
お互いに邪魔ですからね。 話を付けなくてはなりません。
彼等はいろいろと計算して、三次元の形を作っていきます。 面白そうで、どうしてもやってみたくなり、
余り物の管を曲げさせてもらいました。 2本のバーを圧着機のように握るハンドツールです。
記念に、曲げたステインレスのパイプは持ち帰らせてもらいました。 そして、家で自慢しました。

ところで、風が強そうですが、大丈夫ですか。
こちらの方が晴れているので気温は低いです。 もう氷が張っていますよ。 今朝の氷は10.5mmでした。

検索した中にiwamotoさんが体験したタイプのベンダーもありました。
この道具は目の前にあったら試してみたくなりますね!!
一度でも中空のパイプを曲げた経験がある人なら、つぶさずにきれいに曲げることが難しいことを理解できると思います。
20世紀初頭にアメリカで考えられた道具には、シンプルで使い続けられているものが意外と多いですね。

佐渡はうまくいけばホワイトクリスマスかな、雪かきがたいへん!!

この記事へのコメントは終了しました。