« ドーナッツの贈り物 | メイン | Omega Electronic Start System »

2010-02-11

コメント

お〜、やりましたね。 ブツ撮り、いけますね。 自然観察も。
我が家にもペンタの6*4.5が眠っています。

佐渡の自然や珍しいもの、栗田さんならではの感性 楽しみにしています。
こちらは、GF1+ライカレンズですが絞りの選択が非常に難しく感じています
開放から5.6位までは良好ですがそれ以上絞り込むといただけない感じです。

使えなくなっていたものが、また使えるようになるのは楽しいですね!
お二人もフィルムカメラの遺産をいろいろお持ちなので、今後の報告を興味津々で待っています。

ホームページ「うちのカメラ」の主催者のような趣味(遊び)も、数百円で温故知新。時代によって中身の造りの変遷がわかり、これはまた見ていて楽しい。
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/m-bon/camera/camera_top.html
でも、自分で分解修理など無理なはなしですが。
その点、Sugaさんは機械式時計を分解修理できるのですから、すごいことです。

分解修理の話ですが、機械式時計の部品やネジ類の大きさは相応の注意を払うと壊さないのですが、自分の中ではカメラの部品やネジの大きさは壊すのに最適な大きさと強度のようです。
カメラのネジ類には逆ネジが多用されているのに表示はなく、ネジを緩める順番にも注意が必要です、トラップがそこここに仕掛けられている感じです。
ネジ類には硬度の高い物も多く一瞬で頭が捥げ壊す事が多いのです、カメラの修理はモルトの張り替えや清掃等がせいぜいですね。

この記事へのコメントは終了しました。