国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック
Powered by Typepad

« 昆虫—驚異の微小脳 | メイン | 週1飛行会 3日目 »

2006/09/28

コメント

未だモード2でも、違和感無く操作できます。
飛ばしすぎるとヤバいですね。

私も慣れそうだったのですが、ここはひとつ試してみたかったんです。モード1仕様。
この製品は安価だしスペアも買えるので、できそうかどうか、ばらして見ているうちに手が動いていました。
やってみて言えることですが、お薦めしません。
基盤が干渉します。特に左におく左右のコントロールがきびしい。
上下左右の位置交換は、丸く糸鋸でカットしてから細く切ったカーボンシートを巻いて、再度接着してあります。

製品とみまごう改造ですね、素晴らしい
私はかなり混乱してきましたので遊ぶのをセーブしています
ハニービーを飛ばしたあとはG3でヘリをワンフライトするように心がけています

DENYさん、ごぶさたしてます。
たいへんな状況の中、楽しみを忘れずに過ごされている様子を拝見していて、たいへん勉強になります。

送信機、アップでない写真なのでごまかせてます。
お褒めいただき、恐縮です!
よくできた製品なので、ダメ元でモード1にして楽しんでみたかったんです。
そのかいはありました。もしも追従されたい方がリクエストするようであれば、恥ずかしい中身の写真を公開しましょう。

はじめまして、栗田さんの活動はいつも拝見させて頂いています。
私も送信機の改造をしようと思っていたのですが、基板が干渉しそうなので止めていました。本当に素晴らしい改造テクニックですね。写真で見る限りどこを加工しているか分かりません。
私は、最終的には機体の基板のコントローラをPICに変更して通常のプロポで楽しんでいます。

Fujinawaさん、はじめまして。
いつも拝見しています、「赤外線コントロールRCヘリ」のブログ。
改造テクニックなどとんでもありません。ただの勢いです。
基盤の干渉は、止め穴を少し左に大きく開けて、基盤自体を右方向に2ミリ弱移動してあります。
内部の改造に必要な新たな止め穴付きのプラスチックは、センター上部にある使われていないポストと元の位置にあったプラポストをカットして使いました。
そうそう、スロットルにつながる配線は、そのままでは短いため、新たなフラットケーブルを付け替えました。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント