国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック
Powered by Typepad

« 第66回F西多摩体育館飛行会の報告 | メイン | Tensorカラーリング »

2006/12/09

コメント

毎日、ペラ2本消費してます。
操縦に慣れるに従い、問題点がいろいろ解ってきます。
浮きが良く、コブラは非常に安定していますので、ユックリ飛ばすには神経を使いません。
只、グリグリするにはある程度のスピード、パワーの余裕が無いと舵が効かなくなったり失速してしまいます。ペラが小さいので20Tだと推力がギリギリです。
パワーダウンして機体を軽くするとなると、逆にスピードを稼ぐ工夫が必要かも知れません。
今は、過敏な特性を安定させるための過大な-EXPを入れていますが、ホバリングだけは-EXPを抜いていかないと難しいと思います。静止したとたんトルクロールに入ってしまうのも初心者には問題です。
機体の正確度、剛性も充分無いと、ヨレや歪みが舵となって現れ易いですね。
機体が小さくなると、普通サイズの問題点が逆に凝縮されて来るのを実感します。
オモテだと壁が無いので自由に飛ばせて良いんですが、何故かこじんまりと飛ばしてしまいます。やはり伸びやかに飛ぶ機体が良いですね。マイクロF3Aとか。

いいですね!
私も早く飛ばしてみたいです。
機体が小さくなると違った振る舞いが出てくるのですね。これまでデータを取ってあった小さなプロペラとのマッチングがどのようになるのか楽しみです。
タミヤのグラステープを手に入れました。これは軽量で品質もよく、扱いやすいテープでした。
ご忠告通り剛性のある軽い機体ができるよう、注意してみます。
単葉機も小型版を作ってみたいですね。
F3AやMANTAはいつでも図面提供できます。
必要であればリクエストしてください。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント