国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック
Powered by Typepad

« SPEKTRUM DX7 | メイン | GP15 5W Wasp BL »

2006/12/25

コメント

はじめてコメントいたします。
長野県飯田市でインドアフライトを楽しんでおります。
超小型アクロ機が何とか完成しました。
部品はtokoさんやmotoさんのショップで購入しています。
モーターはGP15 4Wでリポ130mA搭載で全備重量
23.5gで上がりました。
サイズは翼幅330mmのピーナッツスケールサイズ
です。ホバーリングも余裕でこなせます。
ブログで公開していますのでまた見てください。

はじめまして!

リンクのURLがおかしかったので修正して、ブログを拝見しました。
いろいろ楽しまれているベテランの方ですか。
みごとに20g台前半で完成ですね。
すごい、すごい!

メカの選択や製作手順など、たいへん参考になりました。
私の方もFalconサーボのリンケージで試行錯誤しています。ついつい剛性を上げてしまう加工のせいで重めの仕上がりになりそうですが、完成したらエントリーアップします。
これからもいろいろ教えてください。
よろしくお願いします。

やはり400mm前後となると重量は30gを切らないと難しいのですね。
うーんeclipseも大きめに作り直してみようかなぁ。
ありがたい情報です~♪
100g前後の重量なら600mm程にしておけば良い結果が出るかな。

八歳さん、こんばんは。
軽くて剛性のある機体をつくるのは難しいですね。
まだ入門者のため、クラッシュにも強い機体がほしいのですが、このサイズではどうでしょう。

大野さんの100gMini TENSORが軽快に飛んでいるので、とりあえず複葉機では剛性が高く、練習できる機体の答えが出たと感じています。

メカ済みの選択は、motoさんが選択した2セル2Aで102gまでパワーが出るGP15 12W Grizzlyをスタンバイさせるのがベターかと思いますが、あまりリーズナブルではないですね。
いずれにしてもこのサイズ機はメカ費用が高くつくのがネックです。

高価なメカを売るほど持っている悪徳motoです。
ラピド工房さんの機体はすごいですね。ぜひともパクリたいと思います。
ピーナツサイズ機には12W Grizzlyは必要ないですね。たまたま最新モデルのひとつ前の、ちょっと大きいGrozzlyがあったので、売り物にも出来ないし、TMM0710のテストもやりたかったので使ってみたのですが、プロペラは4インチの小径で遊んでみました。4Wか5Wが30グラム程度の機体に有効ですね。
それと、カタログデータの推力はちょっと眉唾ものかなと思いますので、クレームつけないでね・・・。

栗田さんはじめましてどうもです。
URL違っていました・・・・すいません。
その後、1セル70mAでテストしましたが、ホバーリング可能でした。
アンプMBC2とモーターGP15 4Wの組合せはベストと思います。
翼幅330mmでも翼面荷重が8g/dm2以下であれば
結構ゆっくり飛びます。
できれば翼幅400mm程度で翼面荷重5g/dm2を切れればスローアクロも可能と思います。

ラピド工房さんはじめまして。
いいですねミニミニエボレーサー見入ってしまいました。翼面荷重の攻略がキーですね。そちらのブログにも遊びに行かしてもらいます。

栗田さーん、先を越されっ放しじゃないですか。
ラピド工房さん>お見事です。工作センスも然ることながら、操縦技術もあっての事と伺われます。
私も、この線でマイクロメカを揃えようと考えているのですが、マッチングやら拙い操縦技術の関係でウダウダ決め倦ねていたところです。大変参考になりました。

miniTENSORは、コンクリート床にペラセイバーのチタンビスが曲がる程のクラッシュしても、殆ど壊れませんねぇ。ダメージがあるのはモータとペラばかり。
取り敢えずは、小さい体育館や公園の片隅でキッチリ飛ばせる様になるのを目標に、ただ今miniTENSOR2を製作中です。

おおのさん、 ミニミニエボレーサーの登場は想定外でしたが、これで人柱の数も増えましたね。

超小型アクロ機を飛ばすための条件は、
1.機体デザイン
2.加工技術
3.搭載メカの選択
4.操縦技術

ラピド工房さんのおかげで、剛性を多少低くしても軽く製作すると20g前半で一つの解があることがわかりました。
もう一方には、BSDやRCGで紹介されてきた2セル40g台の機体です。どうやら私が製作中のmini MANTAは後者になりそうです。

miniTENSORは翼面荷重で得をした計算された設計ですね。初めて作る超小型アクロ入門機にはいいかも!
でも重要なのは操縦練習ができていないと、自分が製作した飛行機の性能をしっかり試せないことです。motoさん、操縦練習しましょう!

痛いところを突かれた・・・・・。
4W and 2A 残りとっても僅少・・・・次回入荷は1月中旬見込み・・・・・。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント