国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック
Powered by Typepad

« POT 10W 20W | メイン | WES-Technik Carbon Propeller »

2007/01/13

コメント

TB入れました。
「RS-LRK-MOTOREN」の詳細データ見てみました。
2セルで静止推力100gのモーターとしては、「LRK 160.03」が魅力的ですね。

鈴木さんが解析したデータを拝見して、Wes-Technik社がなぜMighty Midget Micro Brushless Motorの"GOLD" LINEシリーズを選んでいるのか理解できました。
モータの重さと価格を比較するとMighty Midgetのほうがリーズナブルで軽いということです。
LRK 195.03だけを扱っているのは、"GOLD" LINEシリーズにはない性能域だからでしょう。

Mighty Midget GOLD LINE推力比較 (2セル使用)
8.0g 13/6/11 GWS 7*35 2.74A 142.0g
6.2g 13/4/15 GWS 6*3 2.16A 105.0g
5.2g 13/3/12 GWS 6*3 2.29A 61.3g

「GOLD LINE13/6/11」と「LRK 160.03」はほとんど同じ性能のモーターと言ってよさそうですね。
値段が89ユーロ(Wes-Technik)と136ユーロ(RS-LRK-MOTOREN)なので、「GOLD LINE」が安いわけです。
とは言え、約1万4千円は高い・・・・・
何とか自作で達成したいところです。

Innoshockの軽量バージョンを作ってみました。
大きさはオリジナルですが300リポで全備110gで、翼面荷重10.5程です。miniTensorと同じマイルド設定で22リポを使えば104g。
このあたりのメカを使えば、80%(スパン56㎝)にスケールダウンしても行けそうですね。

私の良くやる間違い・・・・翼面荷重9.6g/d㎡でした。

次の日曜日は週一練習会なので忘れずに!

というわけで、楽しみですね。
Innoshockの軽量バージョン。

私もスパン600mm機をまとめるつもりですが、まにあうかな。
重さ10gを切る2S推力100gモータも今夜上がるかもしれません。ご期待あれ。

ゴールドモーター全種の産直交渉が佳境に入っています。「GOLD LINE13/6/11」をなんとか13000円以内にしたいと思っていますが、なかなかきつそう・・・・。今のところ送金手数料等がなんと4000円から12000円・・・・。スロバキアが郵便局からなら2500円なのに、インドって安く送金できないのかな・・・・。

シティバンクを使うと郵便局よりも500円ほどやすそうですが、インターネットバンキングを利用しても電信料2,000円の他に手数料を1,500円とられるのはかなわんですね。
郵便局も値上がりしたし、日本は相変わらずです。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント