国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック
Powered by Typepad

« ELE C20 motor | メイン | REFLEX XTR iVol »

2007/02/22

コメント

こんにちは。いつも楽しく拝見させて頂いております。
コントローラーの持ち方ですが、手持ちの親指操作でも敏速で正確な操舵が出来る人は出来ます。
でもこれには少々コツがあり、大半の方は正しい送信機の持ち方が出来ていないように思います。

ぼくが思う正しい持ち方はこんなカンジ。
・送信機を握り締めない。手のひらが送信機に触れるような深い握り方はペケ。人差し指から小指の第一関節から先の指先だけで支えます。手のひらは送信機から1~2cmほど離れます。こうすることで親指の自由度と言うか、動作範囲が広がります。
・親指の腹は使わない。スティックに触れる親指は指のホントの先っちょ。そして第一関節とスティックの軸が同じくらいになるように立てます。

上記のカンジで実際に送信機を持ってみてフルストローク動かしてみるとよくわかると思います、端から端までがスムーズに動くはず。

送信機の持ち方って以外に重要ですよー。

kobさん、アドバイスありがとうございます。

説明していただいたように送信機に触れると、確かにスムーズにスティックを動かすことができます。
ここで初めて送信機を手で持つのではなく、軽く保持することだってわかりました。
不安であれば、センターにあるフックホルダーとネックストラップを使うといいわけですね。
ヨーロッパ勢のようにトレーを使い、ステイックを摘むように扱うやりかたもありますが、日本ではあまりみかけません。

いずれにしても、へんな癖を改め、自分のインタフェースを整えることが上達への近道なのでしょう。

P.S.デプロン、無事に届きました。
ありがとうございました。

補足を少々…。m(_ _)m
人差し指から小指は各指同士も開きます。
下品な言い方ですがオッ○イを鷲掴みにする手の形のまま手首を捻るとかなり近い形になります。(笑)
あ、がちょーんの時の手でもOKっす。

で、結果、親指の動作範囲が広がり、かつ、スティック操作に影響を与えず送信機上部の各スイッチに自然に指が届きます。
しかも親指の始点の位置が高くなってストロークも増えると、スティック自体を長くすることが出来ます。スティックが長くなればそれだけより繊細な操舵が出来ます。

ちなみにぼくはストラップ必須で、なしでは飛ばせない体です。(笑)

>P.S.デプロン、無事に届きました。
汚い梱包ですみませんでした。m(_ _)m

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント