国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック
Powered by Typepad

« 第80回F西多摩体育館飛行会の写真 Photo by Suga | メイン | MANTA² »

2008/02/11

コメント

YAK55は、素直で飛ばし易い機体です。
空力オブジェ無しで、ゆっくり安定した飛行をします。
作成したい機体が、増えました。
mini Cassutt は、途中経過の報告のつもりでもっていきましたが、せっかく先に作成した栗田さんや大野名人がいるのですから、アドバイスをいただこうと作ってみましたが、お二人の言葉は、大変参考になりました。
鳥羽さんの型紙よくできてますね、自分では少し大きいと感じた部分もありますが、そのままつくると実際にはぴったりでその余裕が3次元の曲線になるのですね。
作りながら、感心しております。

この機体で、また板胴機に興味が戻って来ました。
HPS製で300mAhリポ込みで、136gと144gです。
スチレンの立体翼に前回のスケールアクロ機のノウハウを生かす事が出来、150gに収められそうなので作ってみました。
来週までに、メカをオリジナルに近いものに交換しておきます。

コッシーのYAK55M初フライトのときにもテスト飛行を勧められたのですが、飛ばしてみればよかったと思います。
clik!とは違う素直な飛びに、大野さんが言うように板翼機に新たな興味が湧いてきますね。
自分でも1機製作してみるつもりです!!

>板翼機がバッテリーなしで130g台。
板翼機がバッテリー込みで136g。立体翼機が144gです。

素直と言うか、かなりオーバーステアな特性なので、パワーで振り回す感じです。それでいて安定していますね。
立体翼はバルサ翼並みの剛性があり抵抗も少ないので、エキスパートは更に繊細で優雅な操作が出来ると思います。モータとアンプとバッテリ。受信機とペラwもオーダーしたので完璧です。
来週が楽しみです。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント