国内インドア飛行会リスト



  • 日本全国で増殖している体育館やアリーナなど、インドアのラジコン飛行機、または赤外線コントロールによるインドアプレーンの飛行会をリストアップしました。リストに加えてGoogle Mapsの地図情報も公開しています。主催されている方は、ぜひコメントしてください。

Plan公開!!



  • 須賀さん開発によるEPPインドアパイロンレーサー Gee Bee Sugaのプラン公開中!!


    鳥羽さん開発/設計によるEPPセミスケール機インドアパイロンレーサー mini Cassuttのプラン公開中!!


    須賀さん開発によるインドアパイロンレーサー機 Cassutt(翼拡大タイプ)のプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機 Cassuttのプラン


    栗田開発/設計によるインドアパイロンレーサー機Nemesisのプラン

clik! 特集



  • 共同購入から始まったF3Pスローアクロ機clik!の情報と製作ノウハウをまとめたエントリー

最近のトラックバック

BOOK


  •      詳細は表紙をクリック
Powered by Typepad

« 週一練習飛行会 報告31 | メイン | Gasparin G10 Micro & Micro Invent MINOR FLAT »

2008/03/25

コメント

インクのにじみは私も体験しました。
CANONのMP500を使っていますが、通常印刷だと滲んだので印刷スピードを早くしてみたところいくらか緩和されました。
裏の糊は全体を短い時間で離れた所からすると剥がしやすかったです。もしくは一度A4用紙を貼り付けて余分な糊を取ってしまうのも有効でした。
緩和剤良さそうですねー私も機会を作って試してみます!

私も印刷モードは速い方でやったのですが、インクの流量は多めに感じました。
55の量が多かったかもしれませんね。
こちらでもいろいろ試してみます。

ただの思いつきなのでうまくいかないかもしれませんが。
 A4コピー用紙の4辺など印刷に関係のない所をテープのりでとめて印刷すると、後は切れば、のりのついていない和紙が簡単にとれそうな気がします。 幅の狭い両面テープの入った(修正ペン代わりの白いテープがはりつくタイプと似たものです) トンボPITテープのり 他のメーカーもありますが

酒井さん、コメントありがとうございます。
インクジェットプリンタの場合、プリンタにもよりますが、ガンピ紙やエサキ・ティシューのように薄手の和紙には、噴射されるインクの量が多すぎるようです。
コピー用紙などでは、吸い取る量が合っているので紙の表面に溜まるようなことにはなりません。

ご指摘のように、和紙を浮かしてプリントすると、インクが付いた部分が膨張し、シワが入るか、擦れを生じます。同時に台紙から浮いているので余分なインクを吸い取ることもできないようです。
顔料系のプリンタでも同じようになるのか、試してみるつもりです。

習字の紙の場合、漢字用のものはにじみが多いものが好まれ和紙の加工はあまりされませんが(紙も厚いようです)、かな用の紙の場合、にじみが嫌われドーサ(にかわとミョウバンの混合液を塗り、にじみを抑えています)引きの加工紙が使われています。書道具屋さんで紙を見られてみてはいかがでしょうか。練習用の紙は薄手のものがありますし、お店によっては紙のにじみを表示してあることもあります。ただ重さは秤をもっていかれて計られたほうが良いと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

About us

English Version


  • Translation by

最近のコメント